メディア個別 ファミマの「台湾風まぜそば」が冷たくなって登場! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ファミマの「台湾風まぜそば」が冷たくなって登場!

第4506回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
毎日暑くて、ちょっと動いただけでも汗が流れるような日々が続いています。そんなとき、そうめんや冷やし中華など、冷たい麺類はスルッと食べられて重宝しますよね。今回は、ファミリーマートの新商品「辛さが旨い!冷し台湾風まぜそば」を実食!

「台湾風まぜそば」の冷たいバージョン

2019年8月20日(火)、ファミリーマートが新たに発売したのが、「辛さが旨い!冷し台湾風まぜそば」。税込498円です。

この商品は、全粒粉を加えた太麺を使用。“魚粉や豆板醤・にんにくのきいた醤油ベースのスープに、ピリ辛の豚肉そぼろ、チャーシュー、ゆでたまご、もやし、たまねぎ、ねぎをトッピングしました”とのこと。今年の4月には、「旨辛だれが麺に絡む台湾風まぜそば」という商品が発売されており、その冷たいバージョンといったところでしょうか。

その「旨辛だれが麺に絡む台湾風まぜそば」は、「めちゃくちゃ辛い!」と話題になり、実際に食べてみると舌がピリピリした記憶が…。それでも味はおいしかった気がするので、今回も挑戦してみることにしました。

辛いけどだしも効いている!

ファミマの「台湾風まぜそば」が冷たくなって登場!

写真を見てもらえばわかる通り、具材は豚肉そぼろ、チャーシュー、ゆでたまご、もやし、たまねぎ、ねぎと、具だくさんですね。スープの量はそんなに多くないので、食べ終わったあとに捨てる手間が省けて、地味にうれしいポイントです。

これらをよく混ぜてさっそく食べてみると、魚介のだしの旨みがすごい! 豚そぼろは“ピリ辛”よりもやや上で、思ったよりもパンチありでした。スープのあっさり、豚そぼろのピリ辛、たまねぎやねぎの風味、そして「冷たい」ということが相まって、全体的に味付けは濃いめですがスルスル食べ進められますよ。また、太麺はもちもちしていて、具材やスープとの絡みも◎。498円はややお高めにも思えますが、食べ応えは十分です!

夏バテ気味でごはんが食べられない…なんてときにも、スタミナがつきそう。お腹は空いているけど食欲がないあなたにおすすめですよ。
(文・明日陽樹/TOMOLO)

あなたにおすすめ

ピックアップ