メディア個別 なんでそうなるの!?レゴの影絵アートがスゴイ | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

なんでそうなるの!?レゴの影絵アートがスゴイ
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

ブロック遊びの定番といえば、「レゴ」ですよね。様々なパーツを自由に組み立てて、人やお城、車などを作って楽しめるレゴは、子どもに大人気のおもちゃです。また、子どもだけでなく、大人のファンも多いため、「大人向けレゴ」も続々と販売されています。その人気ぶりは、「大人レゴ教室」が開催され、予約が取れないと話題になるほど。そんなレゴを使った、ある動画を観たことありますか?

なんでそうなるの!?レゴの影絵アートがスゴイ
 

くっつけて完成ではない!

画面の中央に映るのは、一見、適当にくっつけたようなレゴの塊。なのですが、ライトを当てると壁には騎士の姿が映し出されます。そうです、レゴを使った影絵アートなのです。

さらに驚くべきことに、台の横についているハンドルを回して、レゴの塊を回転させると、騎士の形が徐々に変わっていきます。なんだか見覚えがあるような…と思っていたら、なんと海賊船に大変身! このあと、もう一段階、変化があるのですが、それは動画を観てのお楽しみということで。

何がどうなってそうなるのか、まったく理解できませんが、作者は最初から頭の中にイメージが出来ているのでしょうか?

彼の正体は…?

動画を投稿しているレゴアーティストの正体は、ジョン・V・ムンテアンさん。調べてみると、何やらただのレゴファンではない様子…。

ジョンさんは、レゴアーティストとして活動する傍ら、アメリカのエネルギー省やアルゴンヌ国立研究所で研究に励む科学者なのだそう。専門は、分光学とのことで、光と影に詳しいのも納得ですね。

他の作品も要チェック!

回転させることで、次々と姿を変えるレゴの塊。彼は、この作品を「マジック・アングル・スカルプチャー(魔法の角度の彫刻)」と呼んでいます。「マジック・アングル・スカルプチャー」は、同じく、レゴで作った別パターンの作品や木で作った作品もあるようなので、興味がある人は、ぜひ!

ただの塊のようなものが、実は計算しつくされた“アート作品”。まさに、魔法のような作品です。組み立てるだけでなく、影で遊ぶレゴも楽しそう♪ 普通のレゴに飽きたら、ぜひチャレンジしてみてください。
(文・明日陽樹/考務店)


>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP