メディア個別 亡きキャリー・フィッシャー、新作『スター・ウォーズ』でも重要な役目を担う | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

亡きキャリー・フィッシャー、新作『スター・ウォーズ』でも重要な役目を担う

第458回 海外スターの最新ニュース

故キャリー・フィッシャーがシリーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でも重要な役割を担うことをJ・J・エイブラムス監督が明かした。スカイウォーカー・サーガの完結作になると言われる新作について口を開いたエイブラムスは、2016年に急逝したキャリー演じるレイア姫はいまだにストーリーの中心にいると明かした。

「レイア姫なしでスカイウォーカー・サーガを終える方法が思いつかなかった。彼女が他界したとか、どこか違う場所にいるとかって言うのはあり得なかったんだ」「代役を立てるのは無理だと分かっていたし、CGでやりたくもなかった。それでこれまでの映像の中から使えるものがあると気づいて、それに合わせてまさにシーンを作ることにしたら、いつの間にかこの映画でもとても重要な役割になっていた。本作でも彼女は素晴らしいよ」「でもだからか、彼女がもうこの世にいないなんて尚更信じられない。だってこの映画の中での彼女はとても生き生きしているんだから」

そしてエイブラムスは、デイジー・リドリー、マーク・ハミル、ジョン・ボイエガら主演のこの新作をキャリーが誇りに思ってくれるだろうと自信を持っているそうだ。

あなたにおすすめ

ピックアップ