メディア個別 石けんで洗いすぎ、なぜNG?赤ちゃんの肌ケアテク【ママ医師直伝】 | ベビーカレンダー | ママテナ
石けんで洗いすぎ、なぜNG?赤ちゃんの肌ケアテク【ママ医師直伝】

石けんで洗いすぎ、なぜNG?赤ちゃんの肌ケアテク【ママ医師直伝】

東京衛生病院小児科の小児科医保田典子先生のコラム「3児ママ小児科医のラクになる育児」。私生活では7歳5歳3歳の子育て中という3児のママ小児科医が、ママたちの暮らしをグッとラクにしてくれる話を教えてくれます。今回は赤ちゃんのスキンケアについて解説します。

こんにちは、東京衛生病院小児科の保田典子です。私生活では7歳5歳3歳の子育て中です。暑い日が続き、汗が多いこの季節は湿疹が出やすく悩ましいですね。
赤ちゃんの肌の特徴をふまえてスキンケアできると、心がラクになるかなと思います。今回は赤ちゃんのスキンケアについて解説したいと思います。

「湿疹の原因は何ですか?」

診療をしていてよくある質問が
「この湿疹の原因は何ですか? アレルギーですか?」
というものです。


アトピーじゃないか、食物アレルギーじゃないか、というのが気になるところですよね。赤ちゃんの口のまわりにプツプツとできた湿疹の場合、食物アレルギーであることは少ないような印象です。


そして、赤ちゃんの湿疹は「原因はこれ」と断定できないことが多いです。
新生児期から乳児期初期ごろの月齢が小さい子どもによくみられる脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)と、あせもと、かぶれが混じっている、ということもよくあります。

原因ももちろん大事なのですが、赤ちゃんのお肌をきれいに保つには、基本のスキンケアをきちんと続けることが大事かなと思います。

赤ちゃんの肌の特徴は?

赤ちゃんの肌の特徴は「とにかく皮膚が薄い」ことです。
生まれたてから生後2~3カ月ごろまでは皮脂分泌が多めですが、それ以降は思春期まで「皮脂欠乏」状態になります。

そんな赤ちゃんの皮膚は水分が失われやすく、「脂漏性湿疹だけど乾燥肌」ということもよくあります。

関連記事:

ピックアップ

「お姉さんになろうとしてるんだね」妹を思いやる長女の発言に涙が出て…
「奇跡だった…!」今なら不妊治療が必要と言われ…/40代婦人科トラブル#8
100万回は言われた気がする、プレッシャーになった言葉とは?【ママならぬ日々146話】
「え、過剰歯…?」幼稚園でのケガがきっかけで医師から驚きの診断が…