メディア個別 今年の十五夜はいつ?お月見の基本を知ろう! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

今年の十五夜はいつ?お月見の基本を知ろう!
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

秋の風情あるイベントといえば、お月見。お月見とは、旧暦の8月15日に団子やススキ、萩などをお供えし、月を鑑賞する行事で、この日の月は「十五夜」、「中秋の名月」とも呼ばれています。2016年の中秋の名月は9月15日。残念ながら満月とは重ならず…。満月は、2日後の9月17日だそう。ところで、このお月見という行事は、いつ頃、日本に伝わってきたのでしょうか?

今年の十五夜はいつ?お月見の基本を知ろう!
 

実は中国のお祭りが由来だった?お月見の起源

お月見の由来は所説あるのですが、有力なのが中国の“中秋節”という行事が、平安時代に日本に伝わったという説。庭に供え物を並べ、月を拝み、月餅や果物を食べながら、歌ったり踊ったりしたという中秋節。その中秋節が日本に伝わり、形を変え、平安時代に貴族たちの間で、風流を楽しむものとして徐々に広まっていったそう。一般庶民にまで広まったのは江戸時代で、中秋の名月を見ながら収穫した芋を食べるという風習になったのだとか。

お供え物がススキや萩のワケ

お供え物が団子やススキ、萩なのにも理由があります。団子は、月に収穫の感謝と豊作の祈願をするため、月に似せた団子をお米で作り、お供えするようになったと言われています。

ススキは、稲穂に似ていることから、お米の豊作を願うために飾られ、萩は“神様の箸”という意味を持っているそう。そして、ススキも萩も邪気をさけると信じられていました。

地方によってお供え物はさまざまですが、収穫の感謝と豊作の祈願のためにお供えしていたということは共通しています。

家族で作ろう! お豆腐で作るカンタン柔らか月見団子

せっかくなので、今年は家族みんなでお月見ムードを楽しんでみませんか? お子さんでも簡単に作れる、半分お豆腐でできた、ヘルシー月見団子のレシピを紹介します!

◇材料◇(2~3人分)

・もち粉 180g
・豆腐(絹、木綿どちらでもOK) 180g
・きな粉 適量
・砂糖 適量
・塩 少量

(1)豆腐をしっかり水切りし、もち粉とよく混ぜ、生地をつくる。
(2)生地を食べやすい大きさにちぎり、手のひらで転がして団子を作る。
(3)団子を沸騰した湯の中へ入れ、浮いてきたらすくって、冷水にとって冷まし、冷めたらザルにあげる。
(4)団子にきな粉・砂糖・塩を混ぜたものをまぶす。
(5)お皿に盛りつけて完成!

9月15日は全国的に天気が良くないところが多いようですが、美しい中秋の名月を見られることを期待しましょう。
(文・山本健太郎/考務店)

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP