メディア個別 自慢したくなる旅写真を撮るプロ技って?~光編~ | 写真家の川野恭子とむらいさちのワンポイントレッスン | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

自慢したくなる旅写真を撮るプロ技って?~光編~

写真家の川野恭子とむらいさちのワンポイントレッスン
光は写真にとってとっても重要です。「光」と聞くと難しそうに聞こえますが、太陽がどこにあるのか? 日なたか日陰か? 部屋の中では窓から太陽の光が入ってくるか? などを意識しながら写真を撮るだけで出来栄えが変わります。太陽の光をよく観察して、思い出がステキに残る旅写真を撮りましょう。

◆太陽を味方にして、思い出をより美しく!◆

風景を撮るときの光は主に太陽の光です。でも、太陽の光はいつも同じではありません。朝、昼、夕方で光の色や光が射す方向が変わりますし、晴れの日と雨の日、日なたと日陰で光の強さが変わります。太陽の位置を意識して撮影すると、青空をより青く撮れたり、夕景の中をシルエットで表現できたりします。今回は太陽の光をうまく使って、ステキな写真を撮るためのコツをご紹介します。光の状態を観察して、ステキな写真を撮ってみましょう。

●光の向きや影の強さを意識しよう

太陽を背にして立つ、太陽に向かって立つ、日陰に入るなど、自分が動くことで光の射す向きや強さは選べます。撮りたいイメージに合わせて光を選んで撮ってみましょう。

【青空は、太陽を背にして撮ろう】
空を青く撮りたいときは、背中に太陽が来るようにして撮影するときれいな青空が撮れます。また、太陽が真上にあるときは、地平線近くの空を狙いましょう。この作品はきれいな青空を画面いっぱいに写して、北海道の空の広さを表現しました。

フォトコレ2回目

【夕日をバックにシルエットでかっこよく】
夕日はすべてを幻想的に見せます。夕日を正面から撮ると、手前の樹木や人物などの被写体は黒いシルエットになり、とてもステキな写真を撮ることができますよ。

フォトコレ2

【逆光はふんわり明るく】
普通、逆光で撮影すると暗く写ってしまいます。そんなときは、写真を明るくする機能(露出補正)を使いましょう。すると、この作品のような明るくふんわりした写真になります。人物や花などをかわいく撮りたいときのオススメテクニックです。

フォトコレ2

【日陰で影を柔らかく】
柔らかな写真を撮るなら、日陰に入って撮りましょう。日陰は光が柔らかいので、写真を撮るとふんわりとした印象になります。写真を明るくするとふんわりの度合いが増しますよ。お花、人物、ごはんなどを撮るときにオススメです。

フォトコレ2

【水面の映り込みを利用する】
水面に映り込んだ景色を写すと、幻想的な写真になります。この作品のように景色の映り込みだけを切りとって撮るものステキですし、逆さ富士のように映り込みと実際の景色を一緒に撮るのものオススメです。

フォトコレ2

【透ける光で清々しい空気感を演出】
花びらや葉っぱなどのような光を透かすものを、逆光で撮ると清々しい空気感の写真になります。

フォトコレ2

●ワンポイントアドバイス

きょん♪「撮影するとき、太陽がどこにあるのか意識すると、ステキな写真が撮りやすくなります。ふんわりかわいい写真を撮りたいときは、逆光で写真を明るくするのがオススメです。iPhoneなどのカメラにも明るく撮る機能は付いているので挑戦してみてください」

むらいさち「天気の良い日はきれいな風景が撮れるのは当たり前。だけど旅行の日が必ず晴れているとは限りませんよね。天気が悪くても、雨の日なら水たまりに旅先の景色を映り込ませてみる、曇りの日なら柔らかい光を活かしてふんわり撮るなど、撮り方を工夫すればステキな写真はたくさん撮れます」


◆撮った写真はプリントしよう◆

スマートフォンのおかげで、いつでも気軽に撮影できるようになりましたが、その撮りたまった写真、プリントしていますか? 画面の中だけでなく、フォトブックやプリントなど、手に取れる形で残すと、宝物のように愛着が湧いてくるから不思議です。フォトコレクションプラスなら、月額280円でフォトブック1冊かL判プリント30枚を作れるので、宝物が毎月増えていく楽しみを味わえます。家に飾ったり、おじいちゃんおばあちゃんに贈ったり…と、思い出を見える形で共有するのも良いですよね。ステキな写真が撮れたら、ぜひ形に残してみてください。



日々、大切な人のために残したい、伝えたいと、撮った写真。
スマホの中に埋もれたままになっていませんか?
ドコモのフォトコレクションプラスは、大切な思い出を毎月フォトブックにしてお届けするサービスです。【初回1冊分無料!!】
※ドコモユーザー限定
川野恭子(きょん♪)
川野恭子(きょん♪)
写真家。神奈川県生まれ。Steidl Book Award Japan ノミネート。システムエンジニアの職を経て、「空をより青く撮りたい」という思いからカメラを手にする。キッチンから野の花まで、日常の何気ない景色を独特の色と光で切りとる作風で女性からの人気が高まる。執筆や講師、トークショー、広告撮影のほか、フォトツアーなど、多岐に渡り活動。横浜にて写真教室「Atelier photo*chocot 」を主宰。著書に『はじめてのデジタル一眼撮り方超入門』(成美堂出版)、『写真家きょん♪のふわっとかわいい「ゆるかわ写真」の撮り方ノート』(宝島社)ほか多数。
写真家。神奈川県生まれ。Steidl Book Award Japan ノミネート。システムエンジニアの職を経て、「空をより青く撮りたい」という思いからカメラを手にする。キッチンから野の花まで、日常の何気ない景色を独特の色と光で切りとる作風で女性からの人気が高まる。執筆や講師、トークショー、広告撮影のほか、フォトツアーなど、多岐に渡り活動。横浜にて写真教室「Atelier photo*chocot 」を主宰。著書に『はじめてのデジタル一眼撮り方超入門』(成美堂出版)、『写真家きょん♪のふわっとかわいい「ゆるかわ写真」の撮り方ノート』(宝島社)ほか多数。
むらいさち
むらいさち
沖縄でのダイビングインストラクターを経て写真の世界へ。広告写真家の助手後、ダイビングやリゾート雑誌を出版している出版社のカメラマンとして、日本をはじめ世界の海へ訪れる。その後独立。現在は広告や雑誌の撮影を中心に活動。海だけに限らず世界のありとあらゆる場所で「しあわせのとき」をテーマに撮影を続けており、一年の多くを取材先で過ごしている。著書は写真集『きせきのしま』(小学館)、『LinoLIno』『ALOHEART』(LifeDesignBooks)、『FantaSea』(BUNKADO)。共著『よるのこどものあかるいゆめ』(作: 谷川 俊太郎、写真: むらいさち、 マイクロマガジン社)、『光と色の写真の教科書』(技術評論社)、トラベルマガジン『LUKETH』など多数。
沖縄でのダイビングインストラクターを経て写真の世界へ。広告写真家の助手後、ダイビングやリゾート雑誌を出版している出版社のカメラマンとして、日本をはじめ世界の海へ訪れる。その後独立。現在は広告や雑誌の撮影を中心に活動。海だけに限らず世界のありとあらゆる場所で「しあわせのとき」をテーマに撮影を続けており、一年の多くを取材先で過ごしている。著書は写真集『きせきのしま』(小学館)、『LinoLIno』『ALOHEART』(LifeDesignBooks)、『FantaSea』(BUNKADO)。共著『よるのこどものあかるいゆめ』(作: 谷川 俊太郎、写真: むらいさち、 マイクロマガジン社)、『光と色の写真の教科書』(技術評論社)、トラベルマガジン『LUKETH』など多数。

あなたにおすすめ