メディア個別 疲れがとれない・体調不良が続く!漢方薬の魅力とおすすめの理由 | 注目のボディケア情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

疲れがとれない・体調不良が続く!漢方薬の魅力とおすすめの理由

第37回 注目のボディケア情報をまとめてチェック!
もう秋だというのに夏場の疲れがなんとなく残っている、気候変動についていかれず体調不良でいまいちすぐれない…、そんなときに頼ってみたいのが漢方薬!漢方薬がこのような疲れや体調不良におすすめの理由とその魅力についてご紹介します。

疲れがひどい・体調不良が続くときに漢方薬がおすすめの理由

風邪で病院に行けば、熱や鼻などに関する西洋の薬をもらうことがほとんどで、漢方薬はあまり身近な存在ではないという方も多いかもしれませんね。筆者も以前は、漢方薬は効き目がはっきりしない、どんな薬があるのか分からないとちょっと不安な印象をもっていました。

でも、疲れがとれない、なんとなく体調不良が続くといった、いわいる「未病」と呼ばれるような症状には、漢方がおすすめなんです。その理由とは、同じ体調不良といっても、その人によって処方される漢方薬が異なるという点です。

胃腸の働きが不良なことによって起こっている人、体内の血のめぐりが滞っている人、水分の代謝が悪い人など、個人によって異なる細かな違いに応じた漢方薬があると考えられているため、なかなか治りにくい未病といわれるような症状にも、効果が期待できるといわれています。

漢方薬はどこで手に入れるのがおすすめ?市販 or 病院

最近は、市販の薬の中にも、漢方や生薬をメインにしたものが多く販売されています。血の巡りをよくするもの、痩せる漢方など、それぞれの目的が明記されているので、気軽に買うことができます。

ただ、自分の体調不良が、どこからきているのかを判断することは、専門家でも難しいと言われています。もしも冷えから起きている体調不良の方が、それとは違う漢方薬を飲んでしまうと、効果がないだけではなく、逆効果になってしまう可能性もあるそうです。

そこでおすすめなのは、普通の病院でも「漢方内科」と書かれていたり、「漢方専門医」がいる漢方に対応した病院やクリニックに相談してみることです。疲れやすい、なかなか疲れが取れない、なんとなくかったるい、元気が出ないなど一般的な病院では相談しずらい未病のような症状についても、きちんと受け止めてもらえ、適切な漢方薬を処方してもらえるとされています。

筆者も仕事と家事、育児の疲労が重なり過ぎて風邪ではないけれど、体調不良でどうしようもないとき、漢方内科と書かれたクリニックに相談してみました。生理痛や口内炎ができやすいといった総合的な判断によって、漢方薬を2~3つ処方してもらい、その結果、いろいろな体調不調がかなり改善されました。

クリニックに行けない、近くにないという方は、漢方を扱っている薬局の薬剤師さんに相談してみるものおすすめです。自分にあった漢方をアドバイスしてくれるそうです。

疲れやすい、なんとなくかったるいといった体調不良程度では、わざわざ病院に行かないという方も多いかもしれませんが、相談してみると楽になることも!一度、相談だけでも受診してみては?

文・なおこ
文・なおこ
社長秘書時代、年上の美しい女性達に出会い、きれいに年齢を重ねることの素晴らしさに気づく。腸の健康と美肌の関係、アレルギー、食生活について日々研究している。 大学院・国際学修士/博物館学芸員/アレルギー大学・全コース終了(ネット)/リンパケア検定2級
社長秘書時代、年上の美しい女性達に出会い、きれいに年齢を重ねることの素晴らしさに気づく。腸の健康と美肌の関係、アレルギー、食生活について日々研究している。 大学院・国際学修士/博物館学芸員/アレルギー大学・全コース終了(ネット)/リンパケア検定2級

あなたにおすすめ

ピックアップ