メディア個別 考えさせられる? ママ必見「赤ちゃんと猫」の物語 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

考えさせられる? ママ必見「赤ちゃんと猫」の物語
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

家事や育児の合間のスキマ時間に、スマホで動画を見ているママも少なくないのでは? ネット上を探してみると、動物のハプニング動画やほっこり心温まる感動系動画まで、様々なものを見ることができます。なかでも、とくに人気を博しているのが、YKK AP株式会社が制作する“猫”を起用したCMシリーズ。新CMが登場するたびに、猫好きの間で話題になっているのです。

そんな猫好き必見のCMのなかでも「泣ける」と言われている「赤ちゃんと猫」に注目。いったいどんな内容なのでしょうか?

考えさせられる? ママ必見「赤ちゃんと猫」の物語
 

ある日突然、自分の居場所を奪われてしまった悲しき猫

動画は、猫を飼っている夫婦の間に赤ちゃんが生まれ、3人と1匹の生活が始まるところからスタートします。今まで夫婦は猫を可愛がっていたのに、赤ちゃんが生まれた途端、赤ちゃん中心の生活に…。自分の居場所をなくしてしまう猫は、いたるところで“疎外感”を抱いている様子。

ボクの昼寝の邪魔をするあの子の甲高い声。その度に飛んでくるボクのママ。あの子が家にきてから、パパとママは変わった。あの子にはミルクをあげるのに、僕がミルク皿の前で鳴いても見向きもしないママ。パパはあの子を抱っこしながら寝る。ちょっと前では、そこはボクの席だったのに…。

2015年第53回ギャラクシー賞CM部門で奨励賞を受賞

ネット上には、夫婦と赤ちゃんの幸せそうな光景を悲しそうに見つめる猫の姿を絶賛する声が多数! 無表情で悲し気な猫の演技の甲斐もあってか(?)、同CMは2015年第53回ギャラクシー賞CM部門で奨励賞を受賞。CMというよりは、1分30秒のショートムービーを見ているかのような感覚になることは間違いなし! 物語の心温まる感動のフィナーレは、ぜひ動画でチェックしてみて。

あれっ? この猫の目線って…

今まで愛情をたっぷり注がれていたのに、急に赤ちゃん中心の生活になり、パパやママはいつも赤ちゃんのことばかり。遊んでほしいアピールをしても、以前のようにかまってもらえない。この物語を繰り返し見ていると、猫が人のように見えてくる気がしませんか? 例えばそう、二人目の赤ちゃんが生まれたばかりで、パパママからあまりかまってもらえない“お兄ちゃんやお姉ちゃん”のよう。

お兄ちゃんやお姉ちゃんは、ママが大忙しなのをわかっていて、わがままを言わず、この猫のようにグッと堪えているのかも…。もし「最近、上の子とあまり遊んであげられていない」と感じているママは、「ママはあなたのことも世界で一番愛しているんだよ」と、ギュッと抱きしめて伝えてあげましょう。
(文・山本健太郎/考務店)


>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP