メディア個別 トム・ヒドルストン、『アベンジャーズ』でクリス・ヘムズワースに顔面パンチを要求!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

トム・ヒドルストン、『アベンジャーズ』でクリス・ヘムズワースに顔面パンチを要求!?

第538回 海外スターの最新ニュース

トム・ヒドルストンは『アベンジャーズ』の撮影中、顔面にパンチをお見舞いするようクリス・ヘムズワースに頼んだのだそうだ。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でロキとソーをそれぞれ演じる2人だが、クリスの拳を喰らい、トムはノックアウトされたという。

トムは『ザ・レイト・ショー』でこう語っている。「クリス・ヘムズワースと戦ったら、そりゃ負けるよね。素直に認めよう」「映画の中では、戦闘シーンの撮影とは角度が何よりも重要なんだ。だから物語を伝えるためには、擬闘の中でその角度を捉えようとする」「ソーはロキの顔面に一撃を喰らわさないといけなかった。僕は角(が付いた被り物)を身に付けていたんだけど、30ポンド(約14キロ)くらいあってね」「その一撃を僕は上手く表現できなかった。だから、クリスに『もう僕の顔面を本当に殴るしか手はないんじゃないか』って言ったんだ」「石のようにダウンしたよ」

またトムは舞台ではなく映画の中でクリスと共演できたことに感謝しているようで「舞台で戦う時には、毎晩100もの演技をしなくてはいけないと思うんだ。もし毎日クリス・ヘムズワースに顔面を殴られると考えると、やっていける自信がないね。続かないだろうさ」と続けた。

そんなトムには、ロキを題材にしたディズニー・プラス向けの企画が控えているが、その新作について詳細を語ることは避けながらも、「これだけは言える。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』から今年春公開になった『アベンジャーズ/エンドゲーム』までの間にみんなに聞かれた質問は2つ。『ロキは本当に死んだのか?』『ロキはあのキューブで何をしていたのか?』。どういうわけか、いつもキューブなんだよ。このシリーズは、その疑問に対する答えになるだろうね」と明かしている。

あなたにおすすめ

ピックアップ