メディア個別 『セイヴド・バイ・ザ・ベル』がリブートへ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『セイヴド・バイ・ザ・ベル』がリブートへ

第540回 海外スターの最新ニュース

『セイヴド・バイ・ザ・ベル』の放送開始30周年を記念してリブートされるようだ。1989年から1992年にかけて本編、そして翌1993年から1994年までスピンオフ『ザ・カレッジ・イヤーズ』が放送された同シットコムだが、30周年の節目にリブート版の企画が進行していることが発表された。

TVラインによると、オリジナルキャストのマリオ・ロペスやエリザベス・バークレーが同じ役でそれぞれ再登場する。しかし今のところ、マーク=ポール・ゴスラーやティファニー・ティーセン、ラーク・ヴーリーズ、デニス・ハスキンズ、ダスティン・ダイアモンドなど他のオリジナルメンバーの出演に関しては明らかになっていない。

一方でマーク=ポールは最近、リブート版の企画について示唆していた。

ファン・エキスポでの『セイヴド・バイ・ザ・ベル』のパネルディスカッションでこう語っている。「話しはあるよ、ずっとね。最近も話が出てると聞いたばかりだよ」

しかし共演者のマリオは出来べきだと感じれば、再出演するというものの、「明らかに、僕らがまだ高校生なわけはないんだから、前提条件を創り直さないとね。でも考えるのは楽しいよ。だからどうなるかは分からないよね。絶対にないとは言わないよ」とコメントしていた。

トレイシー・ウィグフィールドが製作総指揮を務めるリブート版は、来年4月に開設されるNBCユニバーサルの新たなストリーミングサービスで配信されるようだ。

あらすじについては不明なものの、オリジナル版ではカリフォルニアにあるベイサイド高校を舞台に、マーク=ポール演じるザック・モリスとその友人たちを描いていた。

あなたにおすすめ

ピックアップ