メディア個別 シャイア・ラブーフとトム・ハーディ、裸でレスリング!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

シャイア・ラブーフとトム・ハーディ、裸でレスリング!?

第550回 海外スターの最新ニュース

シャイア・ラブーフとトム・ハーディが裸でレスリングをしたそうだ。『欲望のバージニア』で共演したことがある2人だが、シャイアの自宅でふざけて格闘していた際に階段からトムが落ちて怪我をしたことを、トム本人がシャイアにノックアウトされたという噂にして撮影中に拡散していたという。

シャイアはファースト・ウィ・フィーストの『ホット・ワンズ』でこう回想している。「いつもレスリングしていたね。彼はすごいデカい奴だろ。特に当時なんて、(『ダークナイト ライジング』の)ベインの役作りをしていたから」

またトムが自宅を訪れた時のことについては「彼が部屋に駆け込んできたから、当時僕と付き合っていた女の子がすごくびっくりして、『アーッ!』って叫んだんだ」「それで彼女は体を覆ってキッチンに逃げて行ったんだ。僕は裸だったんだけど、彼の肩に担がれた状態でさ、廊下に出て、裸でレスリングする羽目になったわけ。それで向こうが上手だったから僕は動揺した。でも、こんな奇妙な曲がりくねったポジションだったんだ。奴のあれがこの上にってね。ウワッて感じだよ」「僕らは階段がある方向に寄っていき、彼が落ちて背中を打った。だから、残りの撮影中に、彼は皆に僕が彼をノックアウトしたって話していたんだ。でもそれは事実じゃない」「僕らは、可愛らしいレスリングマッチみたいな変なことをやっていたんだ」と続けた。

そんなシャイアは、『フューリー』の撮影中にシャワーを浴びることを止め、歯を1本抜くなどしたという噂については否定しないものの、役作りのためにしていたわけではないと明かしている。

「役に入り込もうとしていたというよりは、多少皆に気合を入れたぐらいかな」「ただちょっと皆の気持ちを盛り上げようとね。何ごとをなすにも潮時があるから、僕やジョン(バーンサル)、マイケル(ペーニャ)も何かしらやってたし、皆を巻き込んでやろうとしただけさ」

あなたにおすすめ

ピックアップ