メディア個別 島風景×恋人=かわいさ無限大!人気フォトグラファーが教える、恋人フォトのコツ  島ジェニックな彼女/三宅島編 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

島風景×恋人=かわいさ無限大!人気フォトグラファーが教える、恋人フォトのコツ  島ジェニックな彼女/三宅島編

第118回 OZmall(オズモール)
山手線の内側とほぼ同じサイズの三宅島を訪れるなら、ぐるりと自転車で巡れたり、野生のイルカと一緒に泳いだりと、島ならではのアクティビティを楽しむのがおすすめ。今回は“どこにもない旅をみんなで作る”Webサービスtrippieceで、コミュニティマネージャーとして活躍する旅の達人・堀真菜実さんが、恋人と巡りたい三宅島の体験旅を提案!

人気撮影ポイント1位は“絶景”!美しい景色と人物を印象的に写す方法って?





アンケート結果:オズモール2019年7月調べ/回答者数858人

旅の思い出を残すのに欠かせない写真。SNSで自分の奥さんをモデルにした“嫁グラフィー”が話題になっていたりと、恋人旅では日常とはちがうシチュエーションに、恋人の姿がいつも以上にかわいく見えて写真を撮る機会が増えるという人も多いはず。なかでも、62%もの人が写真を撮りたくなると答えた、海やサンセットなど、ため息が出るような「絶景」は、うまく捉えることがむずかしいけれど、タイミングと恋人のポーズや表情次第で奇跡の1枚にもなる、絶好の恋人フォトチャンス! 

今回は、自然が造り出す絶景がいっぱいの三宅島を実際に恋人と一緒に旅した、プロのフォトグラファー・近藤大真さんに、恋人の魅力をさらに引き出す“島映え”バツグンな写真を撮るコツや、上手なスポットの選び方を聞きました。すぐに実践できるから、家族や友達と旅先で写真を撮るときにも活用してみて。



【撮影テクニック1】ダイナミックな自然を背景に、アドベンチャー感のある写真を





「僕が旅先で写真を撮るときは、いつも、“この場所でしか撮れない写真”を撮ることを意識しています。三宅島って、サタドー岬のような断崖絶壁だったり、自然がものすごく近く感じられる絶景スポットがたくさんあって、冒険気分満点! この写真はそんな三宅島での冒険をイメージして、グッと引いたアングルから撮影しました。人物を小さく配置することで、景色のダイナミックさが伝わるように工夫しています。また、島ジェニックな写真を撮る上では、服装選びも大事なポイント。今回は、海や空、森などの島の自然に映えるような白いワンピースを着てもらいました。それから、溶岩大地のサタドー岬は地面がゴツゴツしているので、写真を撮るときは足下に十分注意してくださいね」(近藤さん)



サタドー岬

住所/東京都三宅島三宅村坪田
アクセス/三宅島空港より車で約5分



【撮影テクニック2】サンセットはシルエットを活かして、幻想的な1枚を写そう





「地図で見ると阿古小中学校跡とメガネ岩の中間くらいで、本当に何もない場所なんですが、だからこそ空が広く見えるんですよね。太陽が沈んで、夜に変わる“マジックアワー”と呼ばれる瞬間を狙って撮りました。幻想的な空の色を活かしたかったので、アングルは空が広く、大きく見えるように、彼女はあえてシルエットで撮影をしています。スカートの裾をつかんだり、少しでも動きを入れると、シルエットだけでも女性らしくなります」(近藤さん)



阿古小中学校跡

住所/東京都三宅島三宅村阿古
アクセス/三宅島空港より車で約20分



【撮影テクニック3】カメラ片手に島さんぽをしながら“島ジェニック”なスポットを探そう!





「これは2人で散歩をしながら見つけたカーブミラーで、メガネ岩のすぐ近くにあります。道路のすぐ向こうに溶岩や海が広がっている光景って、火山活動を繰り返している三宅島ならではですよね。よく見ると、ミラーにも島の景色が映り込んでいるんですよ。偶然映っているようですが、実は鏡に映り込む範囲をきちんと計算しています。被写体の恋人だけでなく、周りの景色にも気をつかうことで完成度の高い1枚になりますよ。僕たちはこんな風に、いわゆる観光名所ではない場所でよく撮影をしています。カメラ片手にぶらぶら歩いていると、ガイドブックには載っていないようなスポットが見つかったりするので、時間に余裕があるなら、ぜひのんびり散歩をしながら、自分なりの“島ジェニック”スポットを探すのもおすすめです」(近藤さん)



メガネ岩

住所/東京都三宅島三宅村阿古
アクセス/三宅島空港より車で約20分



【撮影テクニック4】話しながら撮影して、自然体の彼女を切り取ろう!





「この写真は彼女がここで撮って!とリクエストした場所で撮ったもので、大路池に向かう途中で見つけた木のトンネルです。言ってみればただの通り道なんですが、光が射し込んでいてすごくきれいですよね。恋人を撮影するときは、単に立ったままポーズを取って撮るよりも、自由に動いてもらったり、話しかけながらシャッターを切ることで、自然な笑顔を引き出したり、ありのままの彼女の魅力を写すことができます。何気ない風景も素敵な景色に変わりますよ。あとはとにかく連写すること! 絶妙にかわいい表情は一瞬なので、逃さないように連写しましょう」(近藤さん)



大路池

住所/東京都三宅島三宅村坪田
アクセス/三宅島空港より車で約8分



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ