メディア個別 スマホディスプレイ“割れトラブル”事件簿 | インターネットメディア「STANDBY」 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

スマホディスプレイ“割れトラブル”事件簿

第43回 インターネットメディア「STANDBY」

スマホユーザーにとって大きな痛手となるのがディスプレイの破損。ガラス素材でできたディスプレイは、従来の携帯電話と比べて割れやすくもある。果たして、どれくらいの人が「スマホのひび割れ」を経験しているのだろうか? 20~39歳の男女200人にアンケート調査をしてみた(協力/アイリサーチ)。

その結果、「ディスプレイがひび割れたことがある」と回答したのは、男性で24.0%、女性で11.0%と、男性では約4分の1に及ぶ。特に男性のひび割れ経験率はかなり高めだが、両者ともどんな状況で割ってしまうのかが気になるところ…。

【スマホディスプレイの破損理由】
1位 うっかり落としてしまった(71.4%)
2位 足で踏んでしまった(14.3%)
3位 お尻のポケットに入れていて(5.7%)

1位の「うっかり落とした」の場合「駅の階段で落として下まで転がっていった」(女性/27歳)、「アスファルトに落としてしまった」(男性/29歳)などはよくありそうな話だが、「二階から投げられた」(男性/29歳)、「子どもに踏まれた」(女性/33歳)など第三者が絡むケースもあるようだ。

ちなみに割れた後にどうしたかを質問してみると、「携帯キャリア窓口へ行き修理・交換」「修理専門店に持って行き修理」をした人が7割強を占める。一方で、なかには「割れても普通に使えた」と機能面での不便を感じないツワモノもいて、2割強は「修理はせず、そのまま使った」と回答している。

ひび割れ経験者のうち、7割強が「割れて困った」ことからも、日頃からディスプレイ破損対策を講じておくのが一番だろう。確かに画面が見づらくなったり、修理に高額な費用がかかったりと、不便なことが多い…。なかには「割れた周囲が反応しなくなった」なんて声も。「人前に出すのが恥ずかしかった」という人もいたが、まずは割れないための対策を!

実際にみんながしている対策を尋ねたところ、「液晶保護フィルムを貼る」(59.0%)、「通常のケースに入れる」(27.0%)、「衝撃吸収などをうたうケースに入れる」(24.5%)の順に、具体的なものが挙げられた。最近ではひび割れを防ぎたい人にぴったりな、シート部分に強化ガラスを使った保護フィルムも登場しているので、チェックするといいだろう。

ひび割れスマホに対しては、「割れっぱなしになっているのはだらしなく見える」(女性/27歳)、「どうして修理しないの?」(男性/28歳)、「危ないと思ってしまう」(男性/26歳)と厳しい意見も多い。自分のためにも周囲のためにも「ひび割れ防止対策」をしておいて損はないはずだ。

(池田園子)

配信元

STANDBY
STANDBY
世の中を切り取るインターネットメディア「STANDBY」が配信する記事です。
世の中を切り取るインターネットメディア「STANDBY」が配信する記事です。

あなたにおすすめ

ピックアップ