メディア個別 チャーリー・シーン、『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』出演依頼を断る | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

チャーリー・シーン、『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』出演依頼を断る

第568回 海外スターの最新ニュース

チャーリー・シーン(54)が『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』から出演依頼を受けるも断っていたという。同リアリティ番組から「新シリーズの初回エピソードに」との誘いを受け嬉しく思ったものの、最終的にチャーリーは自分のダンスは全然ダメだと断る決断を下したそうだ。

「僕はABCからの誘いを受けてとっても嬉しかったよ。でも結局のところダンスは全くできないからね」とチャーリーはUsウィークリー誌に話す。

一方、チャーリーの広報は、「ABCは(初回シリーズに出演の)素晴らしいオファーをくれました。シリーズは、チャーリーの『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』への参加次第でした」と明かしている。

そんな中、私生活では今月、チャーリーは元妻デニス・リチャーズから、2人の間にできた15歳と14歳になる娘の養育費として45万ドル(約4800万円)を求める訴えを起こされていた。その申立書にはチャーリーの浪費癖が指摘されており、子供たちへの支援の代わりに贅沢なライフスタイルを謳歌しているとのデニスの記述が見られていた。

一方の、チャーリーは昨年、以前のような収入は得られないので、子供たちへの養育費を減らして欲しいと懇願していた。しかし、更に遡ること2016年には、デニスがチャーリーの経済状況を考慮し、養育費支払いの削減に同意したと報じられてもいる。

あなたにおすすめ

ピックアップ