メディア個別 ヘンリー王子、ナショナルジオグラフィック誌の公式インスタグラムの1日編集長に | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ヘンリー王子、ナショナルジオグラフィック誌の公式インスタグラムの1日編集長に

第578回 海外スターの最新ニュース

ヘンリー王子がナショナルジオグラフィック誌の公式インスタグラムの1日編集長を務める。王子は30日(月)、同誌の写真家と協力して地球上の生命における在来種の木々の大切さを訴えるキャンペーン「ルッキング・アップ」をそのアカウントでローンチするようだ。現在メーガン妃と生後4か月の息子アーチー君と共にアフリカ諸国を公式訪問中の王子は、世界中の木々の写真の投稿を世界中のユーザーに呼び掛けるほか、森林保護の2つのイニシアチブのローンチを控えるマラウィのリウォンデ国立公園の写真も投稿する。

王子はすでに、現在は50近くの国が参加する英連邦の森林保護を目指して2015年に開始された「クイーンズ・コモンウェルス・キャノピー(QCC)」の15のプロジェクトをローンチしており、今回の訪問では、さらに2つの国立公園の参加発表および、ボツワナでは子供達との植樹イベントも控えている。

ヘンリー王子はまた、英デイリー・テレグラフ紙にも寄稿し、環境保護の重要性を強く訴えている。「こう言うとヒッピー風に聞こえるかもしれません。しかし『自分には関係ない』という精神性を持つ余裕はもうないのです」「人間と動物、そしてその生息場所は根本的に共生する必要があります。さもなければ、地球全体における私達の問題は、今後10年以内にさらに手に負えなくなります」「自然は、循環システムの重要性を私達に教えてくれます。そこでは無駄になるものは一切なく、全ての者に役割があるのです」「もし私達が、それと共存せずに、ただ妨げるのであれば、そのシステムは崩壊します」「環境保護は、以前は科学を中心とした特別な領域でした」「しかし今、それは根本的に私達の生存に関わっており、真に改善したければ、欲、無関心、身勝手さを克服しなければなりません」

あなたにおすすめ

ピックアップ