メディア個別 【ディズニー攻略】東京ディズニーランドで女友達とハロウィンを満喫!黒猫のキュートな仮装グッズ&フォトスポットほか | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【ディズニー攻略】東京ディズニーランドで女友達とハロウィンを満喫!黒猫のキュートな仮装グッズ&フォトスポットほか

第165回 OZmall(オズモール)
女友達と一緒に、スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」開催中の東京ディズニーランドへ。ゴーストの花嫁に変身できるアイテムでお揃いコーデをしたら、フォトスポットで写真を撮ったり、「スプーキー“Boo!”パレード」を鑑賞したり、ハロウィーンならではの体験を。オズモール編集部とオリエンタルランド広報が提案するコースガイドで、秋のパークをとことん満喫。

事前準備





■事前にチケットを購入
■入園後「スプーキー“Boo!”パレード」鑑賞エリア抽選

パークチケットの購入は事前に済ませておくとらくちん。ネットサービス「ディズニーeチケット」を利用すれば、入園3カ月前~当日分まで買うことが可能。来園当日はチケット窓口に並ぶ必要がなくなりますよ。

スムーズに入園したら、「東京ディズニーリゾート・アプリ」から「スプーキー“Boo!”パレード」の鑑賞エリア抽選をお忘れなく。



入園~ ワールドバザール





■「グランドエンポーリアム」で身に付ける系のグッズを購入
■「プラザ」のデコレーションで記念撮影

せっかくのハロウィンシーズン。ディズニーならではのファッションアイテムで着飾ってみては? パークいちばんの大きさを誇るショップ「グランドエンポーリアム」には、乙女心くすぐるグッズがいっぱい。その中でも編集部いちおしなのが、猫耳付きの「キャップ」(58cm、2800円)と、クモの巣プリントの「パーカー」(レディースS・M、各4900円)、ふわふわの「ポシェット」(2000円)。全身ブラックコーデのかわいすぎる黒猫に変身して。

お揃いアイテムを身に付けたら、シンデレラ城前の「プラザ」に移動。ゴーストの仲間入りをしたディズニーの仲間たちのデコレーションで、撮影タイムを楽しもう!



10時ごろ~ ファンタジーランド





■「プーさんのハニーハント」のファストパス取得
■「ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”」にスタンバイ

スマートフォンアプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」を使って、人気アトラクション「プーさんのハニーハント」のファストパス・チケットをゲット。ハニーポットに乗り、プーさんの大好物“はちみつ”を探す冒険に出発しよう。そして、アトラクションの入り口にある大きな絵本は、フォトスポットとしても有名なんですよ。

このシーズン、絶対に乗りたいアトラクションが、999人の亡霊たちが住む「ホーンテッドマンション」。期間限定で、映画『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』をモチーフにしたスペシャルプログラム「ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”」に。ダークだけれど、どこか愛らしい世界観を堪能して。



12時ごろ~ トゥーンタウン





■「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」でランチ
■「ミニーの家」にスタンバイ
■「トゥーンタウン」でフォトスポット巡り

ドナルドの甥っ子3人組が経営する「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」で、ハロウィン期間限定の「スペシャルセット」(990円)をオーダー。メインの「ホタテクリームコロッケパオ」は、ジャック・オ・ランタン形のパオでサンドしていて、写真に収めたくなるルックス。サックサクの衣を纏った濃厚クリーミーなコロッケもおいしくて、ペロリと食べ終えてしまうはず。

ランチを食べ終えたら、パープルとピンクの屋根が目印のアトラクション「ミニーの家」へ。家の前にあるミニーちゃんの形をした郵便ポストをはじめ、家の中にあるキッチンやハート型のドレッサーなど、どの家電も家具も乙女心をくすぐって、たくさん写真を撮りたくなる!

「ミニーの家」だけでなく、トゥーンタウンは至るところがフォトスポット。ハロウィンのデコレーションで飾られたところもあるので、お散歩しながら見つけてみて。



14時半ごろ~ トゥモローランド、パークワイド、パレードルート





■「フードブース(トゥモローランド側)」でスイーツ購入
■「スプーキー“Boo!”パレード」鑑賞

パレードの鑑賞エリアに向かう途中に、「フードブース(トゥモローランド側)」で、ハロウィン限定の「アソーテッド・スウィーツ」(430円)をゲット。ゴーストを描いたまんまるのおもち、カボチャ味のバウムクーヘン、濃厚なチーズケーキをいただける。写真映えする愛らしい見た目も魅力的ですよね。

スイーツを食べながら待っていたら、パレードの待ち時間もあっという間。“ゴースト流の東京ディズニーランド”が繰り広げられる「スプーキー“Boo!”パレード」を堪能して。お墓だらけのシンデレラ城や、黒い木馬やかぼちゃのティーカップが回るファンタジーランドなど、ダークでメルヘンチックなフロートにうっとり。今年から色鮮やかにパワーアップしたミッキーとミニーのコスチュームにも注目したい!



17時ごろ~ ウエスタンランド





■「カントリーベア・シアター」にスタンバイ
■「プラザパビリオン・レストラン」でランチ

スタンバイ中も楽しいと評判のアトラクション「カントリーベア・シアター」。ロビーには、クマたちの旅の写真や、肖像画、レコードなどが飾られていて興味津々。ワクワク気分で待ち時間を過ごしたら、愛嬌たっぷりで個性的なクマたちが披露する、カントリー&ウエスタンの名演奏に聴き入って。

ディナーは、アメリカの開拓時代を思わせる優雅な「プラザパビリオン・レストラン」でゆったりと。「スペシャルセット」(1940円)をオーダーすれば、蝶ネクタイをイメージしたパスタ入りのスープ、ハンバーグにのせたチーズなど、ジャック・スケリントンを感じられるメニューが登場。「ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”」の世界に浸ることができるはず。



19時半ごろ~ パークワイド、パレードルート、ワールドバザール、パークワイド





■「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」鑑賞
■「ワールドバザール・コンフェクショナリー」でお土産を購入
■「ナイトハイ・ハロウィーン」鑑賞

きらびやかな光と音楽に包まれる夜のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」を鑑賞。映画『シンデレラ』をはじめ、『アラジン』や『トイ・ストーリー』など、おなじみのキャラクターたちが、色とりどりのフロートに乗って登場。夜を彩る美しい光景に胸をときめかせて。

パレードに感動したあとは、お待ちかねのショッピングタイム。お菓子がズラリと並ぶ「ワールドバザール・コンフェクショナリー」で、お土産を購入しよう。「アソーテッド・クッキー」(1200円)や「チョコレート」(850円)など、ハロウィンシーズンだけのアイテムもズラリ。

パーク遊びの最後を締めくくるのは、「ナイトハイ・ハロウィーン」。ハロウィンならではの音楽にのせて、色鮮やかな花火が夜空を輝かせる。



番外編 東京ディズニーランドホテル





■「ドリーマーズ・ラウンジ」でアフタヌーンティー

東京ディズニーランドホテルのロビーラウンジ「ドリーマーズ・ラウンジ」で、のんびり過ごすのもおすすめ。今なら「スプーキー“Boo!”パレード」をモチーフにした「“ディズニー・ハロウィーン”アフタヌーンティーセット」(4500円、1日の提供数に限りがあります)がお目見え。パンプキン味の「スコーン」や、「紫芋と安納芋のムース」、「洋梨のソルベと季節のフルーツ」など、秋の味覚をふんだんに使用したフード&デザートをいただいて。ヴィクトリア朝の優雅な雰囲気に浸りながら、贅沢なティータイムを。ちなみに、こちらのアフタヌーンティーセットは、プライオリティ・シーティング対象のメニューなので、事前に公式サイトから受付しておくのがおすすめ!

※当日の状況により、このコースガイド通りに回れない場合があります
※ショーやパレードなどのスケジュールは公式サイトをご確認ください
※各エンターテイメント・プログラムは、公演回数が変更になる場合や、天候等の状況により内容が変更または中止になる場合があります
※スペシャルグッズ、スペシャルメニューは内容が変更、または売り切れとなる場合があります



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ