メディア個別 【ディズニー仮装】アナやシンデレラなど、憧れのプリンセスに変身OK!「ディズニー・ハロウィーン2019」の仮装ルールまとめ | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【ディズニー仮装】アナやシンデレラなど、憧れのプリンセスに変身OK!「ディズニー・ハロウィーン2019」の仮装ルールまとめ

第213回 OZmall(オズモール)
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン2019」を開催中。この期間はディズニーキャラクターへの仮装がOKに! そこで、守るべき注意事項や、着替えスポットなど、仮装ルールを総まとめ。参考にして憧れのプリンセスになりきってみて。また本格派におすすめの「ディズニー仮装プラス」も。

仮装のルール その1
フル仮装もOK!ディズニーキャラクターに変身して





東京ディズニーランドで買える!プチ仮装できるアイテム/キャップ(2800円)、パーカー(レディースS・M、各4900円)、ポシェット(2000円)、販売店舗/東京ディズニーランド「グランドエンポーリアム」、東京ディズニーシー「エンポーリオ」

パークでの仮装は“ディズニーキャラクター”であることがマスト。ディズニー映画『アナと雪の女王』をはじめ、『ズートピア』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、アニメーションも実写の仮装もOKだから、憧れのキャラクターに変身してみるのもよさそう! 友達とお揃いでプチ仮装したり、恋人と一緒にプリンセス&プリンスになりきってフル仮装したり、思い思いのコスチュームを着てみてくださいね。



○OK○

・ディズニー映画・番組(実写を含む)、ゲームに登場するディズニーキャラクター
・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクター(アトラクションに登場するキャラクターもOK)
・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでのパレードやショーなどのエンターテイメントプログラムに出演するダンサーや出演者(過去実施分もOK)



×NG×

・ディズニーキャラクター以外の仮装は不可
・マーベル社のキャラクターの仮装は不可
・東京ディズニーリゾートのキャストの仮装は不可(小学生以下は除く)
・該当するキャラクターであっても、露出の多い服装や裾をひきずってしまう丈の長いドレスなどは入園不可



仮装のルール その2
過度なメイクと危険物の持ち込みに気を付けて



次はメイクの注意事項を紹介します。肌の色と違う色で顔を塗る、血や傷跡を描く、ひげを付けるなど、過度なメイクは入園禁止となるから気を付けて。基準としては、いつもの外出と同じくらいのメイクをイメージしてみてください。『モンスターズ・インク』のサリーとマイクみたいに、カラフルでかわいい肌の色のキャラクター仮装をするときは要注意!

また持ち込み不可のアイテムもあるので、こちらもチェック。棒、長杖、スポーツ用品、楽器など、ほかのゲストの迷惑になるものは持参しないように。もちろん危険物もNGですよ。持ち込めるアイテムのサイズは、幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグに入るものまで。



×NG×

・顔全体に肌の色と違う色を塗る
・顔に血や傷跡を描く、血のりや、傷跡などのシールを付ける
・口元全体にひげを描く、付ける
・お面、つけ鼻、ゴムマスクの着用
・アイテムは手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグなど)の中に入らないものは持ち込めない
・棒、長杖は持ち込み禁止
・ヘルメット、スポーツ用品、楽器類は持ち込み禁止
・危険物(ナイフ、モデルガン、花火など)は持ち込み禁止
・インラインスケート、キックボード、スケートボードは持ち込み禁止



仮装のルール その3
プリンセスの仮装は特に注意!露出の多い服装は入園NG



服装で気を付けるべきポイントのひとつが“露出”。肩ひものないもの、おなかの露出など、目のやり場に困ってしまう服装は入園不可。特にプリンセスの仮装に挑戦しようと思っている人は、アンダーウェア(肌着)や上着を着用する工夫を忘れずに。また先ほど紹介したように裾の長いドレスも禁止となっているので、こちらも注意して。



×NG×

・水着、下着、全身タイツなどによる仮装は入園不可
・露出の多い服装や裾をひきずってしまう丈の長いドレスなどは入園不可



仮装のルール その4
トイレでの着替えはダメ!マナーを守って指定の場所で



公共の施設やパーク内外のレストルームなど、他の人に迷惑がかかる場所での着替えは絶対に禁止! パーク内では着替えスペースが用意されているので、こちらを利用してくださいね。ただし長時間待つ場合があるので、自宅や宿泊先のホテルで済ませておくのがベター。ゆっくり時間をかけてメイクしたい、着替えたいという本格派の人には、時間を気にしなくて大丈夫なホテルステイをおすすめ。



×NG×

・公共の施設、パーク内外のレストルームおよび、多機能レストルーム、コインロッカーなどを使用しての着替えやメイクは不可



仮装のルール その5
撮影の注意事項など、そのほかの禁止事項はこちら



・通行の妨げとなる団体での行動や場所の占拠などの、他のお客様のご迷惑となる行為は禁止
・ほかのゲストを撮影するときは、相手の了解を得た上で
・ほかのゲストが写真に写りこむこともあるので、周りに配慮して撮影を



こちらもおすすめ!プリンセスになりきりたい女子に「ディズニー仮装プラス」



ディズニー仮装プラス

衣装だけじゃなく、仕草までなりきりたい!という本格派の女子に、「ディズニー仮装プラス」(6380円)をおすすめ。ポーズや振る舞いを身に付けたり、写真を撮ったり、最後には修了証までもらえちゃう豪華内容。そしてクライマックスには、キャラクターが登場する感動のサプライズも。東京ディズニーランドではプリンス&プリンセスとふしぎの国のアリス、東京ディズニーシーではアラジン&ディズニーヴィランズが仮装のテーマ。憧れのシンデレラやジャスミンに扮して、特別なひとときを過ごしてみては?

開催期間/2019年9月10日(火)~2019年10月31日(木)

※事前予約は東京ディズニーリゾート・オンライン・予約購入サイト内「ガイドツアー一覧」より
※来園当日の開園時間より、空きがある場合に限り「メインストリート・ハウス(東京ディズニーランド)」「ゲストリレーション(トウキョウディズニーシー)」にて先着順で受付。東京ディズニーランド・プログラム「ふしぎの国のアリス」、東京ディズニーシー・プログラム「ヴィランズ」は、プログラム開始時間が早いため、当日のご予約はお受けいたしません。



こちらもチェック!ハロウィン仮装の衣装、小物、ヘアスタイルの完璧ガイド





今年はどんな仮装でハロウィンを楽しもう? みんなを悩ませる衣装選びにおすすめなのが、ディズニーの映画や物語に登場するヒロインたちのコスプレ。そこで今回は、男の子・女の子・大人の男女別に東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで見つけた“ハロウィーン仮装”をお届け。さらに有名ヘアサロンのスタイリストにはプリンセス仮装にぴったりの髪型、ネイリストには指先までハロウィンになるネイルも教えてもらいました。



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ