メディア個別 まさに救世主!ニトリの「抱きまくら」が妊娠中から産後まで大活躍 | ベビーカレンダー | ママテナ
まさに救世主!ニトリの「抱きまくら」が妊娠中から産後まで大活躍

まさに救世主!ニトリの「抱きまくら」が妊娠中から産後まで大活躍

ニトリの「頭も支える抱きまくら」を紹介しています。頭や足、体の側面を支えることで妊娠中の大きなおなかによる寝苦しさが解消されたそうです。

妊娠中はおなかが大きくなってきたり腰が痛かったりとさまざまな体の変化があり、毎晩の寝苦しさに悩んでいました。寝つきの悪さと細切れ睡眠に困っていたとき、私が出合ったニトリの「頭も支える抱きまくら」。予想以上に優秀だと感じたこの「頭も支える抱きまくら」の魅力をご紹介します。

妊娠中の抱き枕選び

妊娠中は、ホルモンや大きくなっていくおなかのせいで睡眠不足に悩む女性も少なくないようです。私もそのつらい体験をした1人で、妊娠前のような睡眠がとれないことが多くありました。妊娠してから寝付きが悪くなり、やっと眠れたかと思ったら今度はすぐに起きてしまう眠りの浅さに悩まされていたのです。


フラストレーションがたまりにたまったころ、たまたま夫が「ニトリのL字型の抱き枕が良いらしいよ!」と教えてくれたので、実物を見て触ってから購入したいと思い、実際に近くのニトリに行ってみました。

「頭も支える抱きまくら」の特長

妊娠中に「頭も支える抱きまくら」を使用して気付いた点は、長時間使ってもへたらない、大きくサポート力もあるため寝るとき以外にもクッションとして使用できるという点です。そして、他のマタニティ用のマルチ抱き枕よりお値段も手頃1,565円(税抜)。


私の場合はおなかが大きくなってもあお向けのみでしか寝ることができず、おなか周辺の皮膚が引っ張られる痛みに困っていました。そこで、「頭も支える抱きまくら」の頭を支える部分を自分の膝の下に入れて膝が少し曲がった体勢をつくることで、おなか周辺の皮膚のつっぱりが少なくなり、体の片方の側面もサポートされて、快適に眠ることができたのです。

関連記事:

ピックアップ

「ビビッ!きっと彼と結婚する」私16歳、彼9歳上。2人のハードルは…
「喜怒哀楽がジェットコースター…」切ない恋にチャンス到来!?/さぁ恋
家族、夫、祖父の死。私が不妊治療してでも「子どもが欲しい」理由 #13
「え、60万円!?」お受験、英語…加速するママ友たちにぼう然【ママならぬ日々149話】