メディア個別 ドイツ伝統のキャラメルにこめた思いとは。ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ3代目オーナーが伝えたいドイツ菓子のおいしさ | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ドイツ伝統のキャラメルにこめた思いとは。ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ3代目オーナーが伝えたいドイツ菓子のおいしさ

第259回 OZmall(オズモール)
東京・銀座にオープンしたホレンディッシェ・カカオシュトゥーベといえば、青×白のパッケージに入ったバウムクーヘンを思い浮かべる人も多いはず。実はドイツ・ハノーファーで約100年の伝統を刻む老舗で、今でも世界中のスイーツ好きに愛されている

厳しい修行をした職人だけが作ることを許された、ドイツ伝統の「生キャラメル」

「両親の背中を見ながら、毎日ドイツ菓子の特訓。イヤなときもあったけれど学校を卒業したときに志したのは、やはり厳しい製菓マイスターの道でした」というフリードリッヒ・バルテルス氏は、バウムクーヘンでお馴染みのホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ3代目オーナーシェフ。 100年続くホレンディッシェ・カカオシュトゥーベの伝統あるレシピを、今の時代でもモダンに感じてもらいたい。毎日工房に立ち、お客様の声を聞きながらレシピを調整してきたシェフが、ぜひ食べて欲しいと教えてくれたのが「生キャラメル」。 キャラメル(ミルク・カカオ、各4粒入)648円 ドイツでは昔からお菓子屋さんの店頭に、この生キャラメルが並んでいたのだそう。そんな伝統あるお菓子を口溶けなめらかなミルク味に仕立てた、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのキャラメルは、バターの香りにほのかなバニラが心をくすぐる。それだけでなく、流行に合わせてスイスの老舗チョコレートメーカー・フェルクリン社のチョコレートを使ったカカオ味も登場。 さらにパッケージにもひと工夫。包み紙をあけると中からキャラメルが出てくる仕掛けは、なんだか懐かしい気持ちで癒される。小ぶりでデスクに置いていても絵になるデザインだから、プチギフトにぴったり。

生キャラメルとナッツの香ばしさが後を引く、ビスケットサンド「エンガディナー」

エンガディナー(4個入)1296円(9個入)2700円 キャラメルを挟んだドイツ伝統の焼き菓子・エンガディナーも、今の時代に合わせてモダンに生まれ変わった。 くるみが入った塩キャラメルを、バターリッチなビスケットでサンド。スライスアーモンドが入った香り高いコーヒーキャラメルを、ココアビスケットでサンドしたものとどちらも楽しめるセットになっている。ナッツがぎっしりと詰まって、食べこたえも香ばしさも抜群。 スタイリッシュな青のパッケージに、2色のエンガディナーがレンガタイルのように並べられたルックスは、なんとも愛らしい。

お花をイメージしたかわいらしいバターケーキ「マルガレーテンクーヘン」

マルガレーテンクーヘン1944円 今の時期におすすめなのが、100年前から愛されているマルガレーテンクーヘン。マーガレットの花をイメージした、華やかでかわいらしいバターケーキは、テーブルに乗せると歓声があがる。バニラが香るしっとり濃厚な生地に、アンズジャムとマジパンの花びらをのせた。無添加、無着色で作られるリューベッカ社のマジパンを使っているのも、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベならではのこだわり。 すべて職人のハンドメイドで作られる伝統的なドイツ菓子。生地を手や目で感じて、愛情をかけながら作る素朴で奥深い味わいを、ティータイムにぜひ並べてみて。 この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ