メディア個別 風俗は浮気か否か? 是非を問う | 夫の風俗通い。妻はどう対処するべき? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

風俗は浮気か否か? 是非を問う

夫の風俗通い。妻はどう対処するべき?
夫が風俗に行くことは、浮気に分類されるのだろうか。恋愛・結婚生活・性の相談を専門に受けるカウンセラーの西郷理恵子さんに話を聞いた。

●風俗は浮気に分類される?

西郷さんによると、風俗は『他人に手伝ってもらう自慰行為』という感覚の男性が少なくないという。出会い系サイトで女性と出会い、連絡を取り合って肉体関係をもつ浮気や不倫とは、動機も目的もまったく別のものだという認識を持つ男性が多い。

「風俗においては、男性は基本的に受け身です。それでも風俗嬢を羨ましく思ったり、夫の性にまつわる事象を全部自分で独占できないことに、憤りを感じたりしますか?」(西郷さん 以下同)

店舗に通ううちに女性に恋愛感情をもち、浮気や不倫に発展する可能性もゼロではない。が、たいていは風俗嬢からの好意は「営業」で、男性が頻繁に通ったり、プレゼントをしたりしても、ほとんど実らないという。その場合、多額の出費がないか気を付ける必要があるだろう。

●「欲望」と向き合ってみよう

夫の風俗通いが心配な妻には「まず性欲のあり方を知ってほしい」と西郷さんは語る。

「女性にも当然性欲はあります。私の電話相談では、『性欲の発散方法に悩んでいる。家庭は大事だけれど、女として求められ、性の喜びを感じることを諦めたくない』と訴える女性はたくさんいらっしゃいます。人肌を求める気持ちに全く共感できないという女性が大勢いるとは思えません」

既婚者にとって、配偶者とのセックスが互いの望む頻度であり、何年経っても飽きずに楽しく続けられることが理想だ。しかし、欲望というものは法律や他人の干渉によって消せるものではない。

「風俗通いを容認するかは夫婦間で決めることですが、『風俗=絶対悪』という意識をもっている限り、問題の解決どころか、根をより深くしてしまう危険もあるのです」

こぶしを向ける女性

●性感染症には注意が必要

是非は別として、夫が風俗に通っている場合、一番注意すべきことは性感染症だ。

「口のサービスをする場合でも、最初から最後までコンドームを使用しないと性感染症予防にはなりません。また、感染していても症状が出ない場合もあるので、風俗通いを許すならば、定期的な検査も必要です」

男性の風俗に対する意識やリスク、互いの性欲のあり方を知って、夫婦間での話し合いや価値観の共有を進めてほしい。
(北東由宇+ノオト)

お話をお聞きした人

西郷さん
西郷理恵子
ライフパートナーズ
1980年東京生まれ。現在までに2000件以上の恋愛や結婚、性に関するさまざまな相談にアドバイスを行う。電話相談は、ほぼ毎日対応可能。日本性機能会会員、日本性科学会会員。
1980年東京生まれ。現在までに2000件以上の恋愛や結婚、性に関するさまざまな相談にアドバイスを行う。電話相談は、ほぼ毎日対応可能。日本性機能会会員、日本性科学会会員。
夫が好き
「夫婦」という幻想-なぜ、結局いがみあってしまうのか
祥伝社新書
821円
本書の著者は、精神科医で、家族機能不全問題の第一人者。 長年のカウンセリングやワークショップでえた経験・実績をもとにして、 ──夫婦をまっとうするために、夫はどうすべきなのか? ──夫婦とは、何なのか? について、わかりやすく書いた本です。
本書の著者は、精神科医で、家族機能不全問題の第一人者。 長年のカウンセリングやワークショップでえた経験・実績をもとにして、 ──夫婦をまっとうするために、夫はどうすべきなのか? ──夫婦とは、何なのか? について、わかりやすく書いた本です。
みんな「夫婦」で病んでいる
みんな「夫婦」で病んでいる
主婦の友社
1,404円
「エイリアン夫」「モンスター妻」…。身近な存在にも関わらず、一緒にいるのがつらい。でも別れたくない。そんな矛盾した気持ちの解消法を心の専門家が提起する。
「エイリアン夫」「モンスター妻」…。身近な存在にも関わらず、一緒にいるのがつらい。でも別れたくない。そんな矛盾した気持ちの解消法を心の専門家が提起する。
「夫婦」はもっと仲良くなれる ―「離婚」の前に考えたいこと・できること
「夫婦」はもっと仲良くなれる ―「離婚」の前に考えたいこと・できること
河出書房新社
1,512円
ケンカ・スレ違いの毎日にサヨナラするために。恋愛・結婚・夫婦問題の専門カウンセラーが贈る「夫婦の絆」を取り戻すための処方箋。
ケンカ・スレ違いの毎日にサヨナラするために。恋愛・結婚・夫婦問題の専門カウンセラーが贈る「夫婦の絆」を取り戻すための処方箋。

あなたにおすすめ