メディア個別 名家の美術品がずらり!渋谷のBunkamuraで「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」 | OZmall(オズモール) | ママテナ
名家の美術品がずらり!渋谷のBunkamuraで「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」

名家の美術品がずらり!渋谷のBunkamuraで「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでは、2019年10月12日(土)から12月23日(月)まで「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」を開催。公爵家の人々が代々受け継いできた世界屈指のコレクションから、絵画や陶磁器など約130点を展示。

美術品収集が代々の家訓!豊かな貴族生活を伝える絵画たち

左/ヨーゼフ・ノイゲバウアー《リヒテンシュタイン侯フランツ1世、8歳の肖像》1861年、油彩・キャンヴァス 所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン (C) LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna 右/ウィーンの都市宮殿内部 (C) LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna リヒテンシュタイン侯爵家がコレクションを始めたのは、500年以上前のこと。17世紀には「美しい美術品を集めることにこそお金をかけるべき」という家訓が生まれ、現在はその数が3万点にもおよぶとか。 領地の経営に成功して豊かな暮らしを築いた公爵家は、事業に励む多忙な日常の中で、仕事の疲れを癒してくれる美しい絵画や華やかな食器が重要なアイテムだったという。 第1章となる「リヒテンシュタイン公爵家の歴史と貴族の生活」では、そんな公爵家の人々の肖像画とともに、貴族生活の雰囲気を伝える絵画を紹介する。

多様なテーマの宗教画や当代人気画家の神話画・歴史画も

左/マルコ・バザイーティ《聖母子》1500年頃、油彩・板 所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン (C) LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna 右/モーリッツ・ミヒャエル・ダフィンガー ウィーン窯・帝国磁器製作所(1744-1864) 原画:ロッソ・フィオレンティーノ《絵皿「リュートを弾くクピド」》1806年頃、硬質磁器、上絵付、金彩、鍍金 所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン (C) LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna 第2章の「宗教画」では、アルプス山脈より北のドイツなどで活躍したクラ-ナハ(父)やルーベンスといった北方芸術の巨匠の作品だけでなく、イタリア・ルネッサンス美術やバロック美術などの作品も揃う。長い時間をかけて集められただけに様式も主題もいろいろで、この多様性はコレクションの魅力のひとつとなっている。 第3章「神話画・歴史画」には、14世紀から始まったルネサンス期に芸術のテーマとして再び注目を集めた神話画を展示。侯爵家でも、当代の人気画家が描いた作品を積極的に集めている。さらに、実際の出来事を象徴的に描いた歴史画もあわせて紹介。ここでも華美な雰囲気の作品が多く、侯爵家の人々の好みが表れているよう。

関連記事:

ピックアップ

松本の豊かな暮らしカタログ8?地元の人が日々通うお店・施設はここです
雨の日に体調が悪くなる「天気痛」は、耳のマッサージで軽くなる!
スターバックスから「47 JIMOTO フラペチーノ(R)」が登場!あまりに深すぎる“地元愛”を聞いてきた【25周年記念インタビュー】
【かき氷】美しい富士山がかき氷に。東京・浅草の有名たい焼き店「浅草浪花家」のフォトジェニックスイーツ