メディア個別 エドガー・ラミレス、『ザ・ウォー・ハズ・エンデッド』に出演へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

エドガー・ラミレス、『ザ・ウォー・ハズ・エンデッド』に出演へ

第667回 海外スターの最新ニュース

エドガー・ラミレスが『ザ・ウォー・ハズ・エンデッド』のキャスト陣に加わった。『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』で知られるエドガーが、脚本と監督を担当するハガル・ベン=アシャーとタッグを組む同作品では、デール・アーミン・ジョンソンやコリーン・キャンプ、ジル・リットマン、マレック・ローゼンバウムらがプロデューサー陣に名を連ねている。

ベン=アシャーはヴァラエティ誌にこうコメントしている。「『ザ・ウォー・ハズ・エンデッド』は、世界の再構築や規範の模索、そして家族という概念の再定義を描く作品です」「残念なことに戦争難民の物語が再び痛々しいほど身近にある今、この映画にある楽観性が、混沌とした世の中に正気をもたらすものになればと思います」

本作では、第二次世界大戦後の荒んだポーランドの街を旅しながら、地元の子供たちにショーを見せる操り人形師であるエドガー演じるジョセフを描く。しかし実は、行方不明の2人の子供を探している。

そんなエドガーには、ジェシカ・チャステインやルピタ・ニョンゴ、ペネロペ・クルス、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビン、セバスチャン・スタンらとの共演作『355』が控えている。

あなたにおすすめ

ピックアップ