メディア個別 【青森県民が愛するご飯のお供】体にじんわり染み渡る、しそ巻梅漬やせんべい汁など3選 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【青森県民が愛するご飯のお供】体にじんわり染み渡る、しそ巻梅漬やせんべい汁など3選

第324回 OZmall(オズモール)
東京・飯田橋の青森アンテナショップ「あおもり北彩館E」から、ご飯のお供にぴったりな体にじんわり染み渡る商品3選をご紹介。豊後梅で作る昔ながらの「しそ巻梅漬」、陸奥湾ホタテたっぷりの「ほたての飯の素」、モチモチ食感がたまらない「八戸せんべい汁」など。

陸奥湾ホタテがたっぷり!「ほたての飯の素」

青森県のホタテは、漁獲量が全国第2位。なかでも八甲田山や白神山地の深いブナ林から清らかで栄養豊かな水が注がれる陸奥湾で水揚げされるほたては、柔らかく肉厚で、まろやかな甘みが特徴。そんなホタテを炊き込みご飯として楽しめるのが、養殖から加工まで自社生産で行う「神おやじ」の「ほたて飯の素」。収穫したホタテを冷凍保存することでうまみをぎゅっと凝縮。肉厚のホタテがゴロゴロ入っているので食べ応えも大満足。おにぎりにしたり、青じそや生姜などの薬味を加えても美味。ふっくら柔らかなホタテ貝柱の食感 ご飯のお供DATA 商品名:ほたて飯の素 価格:700円 内容量:1箱2合分 備考:要冷凍

豊後梅で作る昔ながらの「しそ巻梅漬」

赤しその葉は、梅酢に浸してから塩で漬けると鮮やかに発色する。この葉で種を取った青森県産の豊後梅を四角く包み、甘漬けにしたものが、津軽の郷土料理のひとつ「しそ巻梅漬」。やわらかな梅干しの実が崩れないように、と考案されたものだそう。明治創業の梅干屋「いした」が作る「しそ巻梅漬」は、種を取ったり、包んだりするのもすべて手作業。粗塩だけで漬け込んだ昔ながらの梅漬なので、塩味と酸味が強いのが特徴。みじん切りにして、ご飯のお供やおにぎりの具材にしたり、刻んだキュウリや大根、長芋などと和えておかずとして楽しむのもおすすめ。漬け液はマヨネーズと合わせて、ドレッシングとして活用しても。 ご飯のお供DATA 商品名:しそ巻梅漬 価格:1836円 内容量:580g

モチモチ食感がたまらない「八戸せんべい汁」

せんべい汁は、青森県八戸市を中心に、青森県南から岩手県北で食べられている郷土料理。本場の味を自宅で気軽に味わえるのが「マルコーいずもり」の「八戸せんべい汁セット」。水を入れた鍋に、カットした野菜や肉類をお好みで入れ、沸騰したらセットのスープとせんべいを加えるだけ。せんべいは4つくらいに割って入れ、柔らかくなるまで煮込むのがおいしく仕上げるポイント。最後に、ネギを加えて盛り付けを。せんべい汁専用に作られたせんべいは、驚くほどモチモチ&シコシコ。野菜と肉のエキス入りスープをたっぷりしみこんでクセになりそう。 ご飯のお供DATA 商品名:八戸せんべい汁セット 価格:594円 内容量:せんべい3枚とスープ28g各4袋 この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ