メディア個別 フェリシティ・ハフマン、予定より2日早く出所 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

フェリシティ・ハフマン、予定より2日早く出所

第677回 海外スターの最新ニュース

『デスパレートな妻たち』のフェリシティ・ハフマン(56)が出所した。大学不正入学事件でカリフォルニア州ダブリンの連邦矯正施設に収監されていたフェリシティは、予定していた27日(日)より2日早い25日(金)、14日の禁錮刑中12日を終えて出所したかたちとなった。

大学不正入学事件を巡り、郵便詐欺などの罪で、2週間の禁固刑に加え250時間の社会奉仕、3万ドル(約320万円)の罰金などが言い渡されていたフェリシティだが、同施設の関係者がニューヨーク・ポスト紙に話したところによると、週末や祝祭日に出所が重ならないようにする米司法省連邦刑務局のルールにより、今回の早期出所が決まったそうだ。

そんなフェリシティは先日法廷で、自らの過ちを反省しているとして、「自分の行動に対する責任を全うします。私の罪に対する償いの第1歩として、適切だと判断されたどんな処罰でも受け入れる所存です」と語っていた。さらに娘の大学入学のために金銭を払ったことを認め、娘からの批判が辛かったことを明かしていた。「試験センターの道すがら、『車を転回させないと』って思いました。とても辛かったことは、逮捕後に娘から『お母さんが誰かももう分からない』と言われました。ソフィア、本当にごめんなさい。私は恐れていて、愚かで、そして間違えを犯してしまった。自分がしたことを深く恥じています。自分が想像していた以上のダメージを受けました。愛と信用は相関するものだと今は分かります」と口にしていた。

あなたにおすすめ

ピックアップ