メディア個別 【シェフ考案ごちそうおにぎり】ホテル椿山荘東京 日本料理「みゆき」が作る秋の味覚おにぎり | OZmall(オズモール) | ママテナ
【シェフ考案ごちそうおにぎり】ホテル椿山荘東京 日本料理「みゆき」が作る秋の味覚おにぎり

【シェフ考案ごちそうおにぎり】ホテル椿山荘東京 日本料理「みゆき」が作る秋の味覚おにぎり

和食といえば、やっぱりおにぎり。SNSでは見た目にも華やかな“ごちそうおにぎり”が大人気。そこで今回は、目白のホテル椿山荘東京にある、日本料理 「みゆき」の料理長・服部浩明シェフに、ごちそうおにぎりを作ってもらいました。さらに家庭でも作れるよう、アレンジレシピも提案。ぜひ自宅でも作って楽しんで。

焼き鮭の土鍋炊き込みごはん、イクラ入りおにぎり





服部浩明さん
大阪の迎賓館「太閤園」で和食を担当し、ホテル椿山荘東京に異動。日本料理 「みゆき」の料理長として、お客様に喜びと感動を与えることをモットーに、若手の育成をしながら日々精進している。

日本料理 「みゆき」で楽しめるのは、旬の食材をふんだんに使った四季折々の繊細な味わい。今回、シェフが具材の主役として選んだのは、秋の味覚・鮭。脂がのった北海道産の秋鮭に、秋の宝石のごとくツヤめくイクラも加え、旬の恵みを贅沢に味わえる逸品に。
お店では、厳選した新潟県産かやもり農園のお米を使用。昔ながらの製法にこだわるコシヒカリは、粒が大きく甘みがありおにぎりにぴったりなので、今回もこちらを採用。これを鮭と一緒に炊き込み、さらにごま油で風味よく炒めたシメジや松の実を混ぜ込むことで、食感と味のアクセントに。海苔とおぼろ昆布を巻いてボリューム感も満点!



服部シェフのコメント

鮭は一度香ばしく焼いてからごはんと一緒に炊くことで、鮭の香りやエッセンスをしっかりとお米にまとわせました。土鍋で炊いているので、お米はふっくらとしていて、うまみも逃げません。イクラをプラスして、弾ける食感や見た目の華やかさも楽しめるおにぎりに。片手で持って食べられる、はらこ飯のようなイメージに仕上げました。軽く形を整えるくらいの気持ちでふわりとにぎると、口の中でホロリとほどけますよ。



【おうちでつくろう】鮭フレークと卵、白ごまのおにぎり





家庭用のおにぎりは、家に常備している食材で、いつでも思い立った時につくれる手軽さがポイント。鮭は市販品の鮭フレーク、松の実は白ごまで代用し、おいしさをそのままキープ。イクラの代わりに炒めた卵でコクとボリューム感もプラスしている。



作り方

1.フライパンに油を熱し、シメジを入れて火が通ったら、溶きほぐした卵1個を加えて菜箸などで混ぜながらホロホロになるまで炒め合わせ、炒り卵をつくる。
2.三つ葉はさっとゆでて2cmの長さに切り、水気をふき取る。
3.ボウルに白ごはんと塩を入れてよく混ぜ、鮭フレーク、1、2を加えて混ぜ合わせて4等分し、三角形ににぎる。
4.焼き海苔を巻き、ゆで卵の黄身をこしておにぎりの上にのせる。

<材料(2名・4個分)>
白ごはん(炊いた状態で) 600g
塩 少々
鮭フレーク 80g
三つ葉 20g
しめじ 60g
炒り白胡麻 20g
卵 2個
焼き海苔 2枚
油 少々



関連記事:

ピックアップ

モデル・谷川りさこさんが思うキレイって?「コツコツ続けることでコンプレックスを克服」【キレイの秘密連載】
中華目線でオールドコリアンタウンを散策、三河島をご案内_東京巡礼【連載】
【体験レポ】世界初!ブルーボトルコーヒーの公園内カフェも。渋谷の「北谷公園」がリニューアル
ありそうでなかった!サントリー「ワインサワー」ヒットの秘密【編集部の#コレ気になる】