メディア個別 マライア・キャリー、クリスマスへの特別な思い | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

マライア・キャリー、クリスマスへの特別な思い

第707回 海外スターの最新ニュース

マライア・キャリーは恵まれなかった幼い頃の経験から、子供たちが毎年素晴らしいクリスマスを送れるように努力しているようだ。クリスマスの定番曲『恋人たちのクリスマス』を歌うマライアは、厳しい家庭環境が理由で自らは良いクリスマスを過ごしたことがなかったそうで、元夫ニック・キャノンとの子供である8歳の双子モロッカン君とモンローちゃんが特別な時間を過ごせるように全力を尽くしているという。

コスモポリタン誌12月号のインタビューで幼い頃のクリスマスの経験を尋ねられたマライアはこう振り返る。「私は崩壊した家庭で育ったの。私はいつもクリスマスは楽しく過ごしたいと思っていたけど、家族に台無しにされていた。だから自分の人生においては、毎年最高のクリスマスにすると誓ったの。自分の子供たちのためには魔法にかけられたような気分にさせてあげたい。こういう子供みたいなクリスマスへの愛が私を救ってくれたようなもの。素晴らしいクリスマスを過ごすために、その一年色々頑張るの」

そんなマライアは、コロラド州アスペンで本物のトナカイのそりに乗ったりしてクリスマスを過ごすのだそうで、「みんな私とクリスマスを過ごすべきって気がするわ。だって最高の経験が出来るもの」「飛行機を降りて車に乗ったら、運転手が『恋人たちのクリスマス』をかけるの。それでホットココアとかバタースコッチシュナップスを飲む。それから森に行って、本物のトナカイ付きの屋根なしそりに乗る。とても寒いけど、本当にきれいなのよ。星が見えるしね。毎年大好きな、美しいひと時だわ」と続けた。

そして12月25日のクリスマス当日の行動については、「みんな私が来るのを待つの。クリスマスっぽい服を着るのよ。パジャマとかワンジーとか、可愛いものをね。それでエッグノッグを飲みながらプレゼントを開ける。私は夜になってから自分のプレゼントを開けることもあるわ。みんなの面倒を先に見たいから。今子供たちはiPadに夢中。違うアプリやゲームを欲しがるの。だから子供たちには、今年それをプレゼントにするなら、ほぼ目もくれないような他のプレゼントは買わないって言ったの。だからサンタさんはプレゼントをどうするか考える必要があるでしょうね。私は、子供たちからの愛があればそれでいい。子供たちが作ってくれたものは全てとっておいてるわ。だからってお店で買ってきてくれたものが欲しくないわけじゃないけど。それも大好きよ」と語っている。

あなたにおすすめ

ピックアップ