メディア個別 コートニー・コックスとレネー・ゼルウィガー、ALSチャリティー・ウォークに参加! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

コートニー・コックスとレネー・ゼルウィガー、ALSチャリティー・ウォークに参加!

第715回 海外スターの最新ニュース

コートニー・コックスとレネー・ゼルウィガーが、ロサンゼルスで開催されたALS(筋萎縮性側索硬化症)のチャリティー・ウォークに参加した。ハリウッドで活躍したパブリシスト、ナンシー・ライダーは2014年、筋肉の機能が失われる同病の診断を受けており、この病気への理解を深めると共に研究や患者サポートのための資金集めを目的に開催された同イベントに今回ライダーの友人達が参加したかたちだ。

毎年恒例のウォークに参加したコートニーがピープル誌に「(ライダーは)今では微笑みをもらうことも難しくなっているけど、微笑んだくれた時はすごく嬉しいわ。笑顔で判断するのはフェアじゃないかもしれない、でもナンシーから笑顔を貰うと最高の気分よ」「コミュニケーションは以前のようにはいかないから辛い。診断を受けた頃は、まだ出来たんだけど。彼女は辛いことや嬉しかったこと、感情や症状などを教えてくれた。でも今はコミュニケーションは難しくなったわ。悲しいけど」と語った一方で、レネーは「克服が難しいほどの挑戦が出てくる度に彼女はゴールポストを動かすのよ」と続け、ライダーの症状は悪化の一途を辿っているものの、未だ前向きに病魔と闘っていると説明した。

一方でレネーは、自身が主演した新作『ジュディ』のプレミア上映に出席できなかったライダーの為に、プライベート上映会を計画していることを明かしている。

あなたにおすすめ

ピックアップ