メディア個別 クリスティン・ベル、『ゴシップガール』の声をリブート版でも続投! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

クリスティン・ベル、『ゴシップガール』の声をリブート版でも続投!

第723回 海外スターの最新ニュース

クリスティン・ベルがHBO局によるリブート版『ゴシップガール』でナレーター役を続投する。2007年から2012年にかけて放送された同ドラマで、ゴシップ・ガールという名の謎のキャラクターとしてナレーターを務めていたクリスティンが、新ストリーミングサービスHBO Maxで配信されるリブート版でも引き続きその役を演じるという。

同番組のプロデューサー陣は、クリスティン起用について「『ゴシップガール』の声は今までもこれからもクリスティン・ベルしかいません」と語っている。

セシリー・フォン・ジーゲザーの同名小説を原作とした前作では、ペン・バッジリー演じるダン・ハンフリーが、実はその「ゴシップガール」という存在であったことが最終話で明らかになっていた。

今回のリブート版では前作の8年後を舞台に、クリスティン以外は出演者を一新してストーリーが展開される予定だ。

ブレイク・ライブリーやテイラー・モンセン、レイトン・ミースター、エド・ウェストウィックらオリジナルキャストがカメオ出演を果たすかについては、現時点では明らかになっておらず、新キャストや配信開始日なども決定していないとみられるが、HBOはソーシャルメディアによって生活が変化した当時とは異なるティーンの姿を描くと発表している。

あなたにおすすめ

ピックアップ