メディア個別 クリステン・スチュワート、ブレイク当時の苦難を明かす | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

クリステン・スチュワート、ブレイク当時の苦難を明かす

第737回 海外スターの最新ニュース

クリステン・スチュワート(29)はブレイク当時、自身のアイデンティティの理解に苦しんだそうだ。新作『チャーリーズ・エンジェル』の公開が控えるクリステンは、自分が思うように表現できるこの時代に生きていることを幸運に思っているという。

「この時代に生きていることはすごくラッキーだと思う。自分より5歳や10歳年下の子たちからすると、アイデンティティとかコミュニケーションというものの理解に苦しむのは馬鹿げているみたい。そういう状況になったことに自分も少しは貢献したのかもしれないけど、そんな彼らが私の糧になる。私の頃は、自分のことを理解するのが心底辛かったというわけではないんだけど、本当の自分を見出すのに数年はかかったから。そして今は、そんな自分を正直に表現することが完全に許されている時代に生きている。5年、7年前はそんなんじゃなかったわ」

ロサンゼルスで開かれた『チャーリーズ・エンジェル』のプレミア試写会の場でE!ニュースに対し、自分を強くしてくれるものについて話したクリステンは「そしてそれは私が愛する人や、応援したい人に通じるものでもある。細かいことまではっきり分からないけど、今はとにかく退屈もせず、刺激を受けていて、前進していることに満足しているし、自分の心に響くストーリーを伝えるべき状況にいる。それって素晴らしいわ」と続けた。

あなたにおすすめ

ピックアップ