メディア個別 情報量多すぎ!セブンの新作スイーツとは? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママテナ

情報量多すぎ!セブンの新作スイーツとは?

第4939回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
スイーツはいろんな種類があって、どれを食べようか悩んでしまうことがあるはず。そんなときは、セブン-イレブンの新作スイーツがよいかもしれません。

セブン-イレブンの「タピオカ宇治抹茶ラテゼリー」

2019年11月12日(火)にセブン-イレブンから発売された「タピオカ宇治抹茶ラテゼリー」(税込280円)。

情報量多すぎ!セブンの新作スイーツとは?

商品の見た目自体は、鮮やかなグリーンが目立っていて中身もシンプルに見えそう。しかし、実際には昨今人気を博しているタピオカと、抹茶ラテを組み合わせてゼリーに仕立てたもの。具体的には、ブラックタピオカとダイスカットした抹茶ゼリー、抹茶ムース、さらに抹茶ホイップを使用した、一度にいろんなものをいただける仕上がりになっているんです。

でもネット上では、「主役はどれ」や「流行りものを全部突っ込んだ感」「なにがなんだか」など、その情報量の多さに困惑している声がちらほら…。

いろいろてんこ盛りでおいしい

前述のようにちょっと微妙な印象を抱いてしまっている人も見受けられる「タピオカ宇治抹茶ラテゼリー」ですが、肝心の味は…?

筆者は実際に商品を購入して食べてみたのですが、上から下まで抹茶の味わいを楽しめて“普通”においしかったです。

ふわっとした抹茶ホイップは甘みが強く、抹茶ゼリーはつるんとした舌触りですっきりとした味わい、なめらかな抹茶ムースも甘さは控えめ。全体的に抹茶のフレーバーがきちんと感じられるため、食べ進みのよい仕立てになっています。

抹茶スイーツとしてはとてもおいしくまとまっていますが、タピオカに関してはコンビニらしい仕上がりです。商品パッケージに“ブラックタピオカは、こんにゃく粉とタピオカでん粉を炭末で着色したもの”と書かれており、食感はタピオカというよりもこんにゃく…。タピオカ専門店のようなもちもち感をイメージして食べると、残念な結果になってしまうのでご注意を。
(文・奈古善晴/オルメカ)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ピックアップ

【マック】昨年人気だった商品が復活!何度食べてもおいしい~!
激ウマの「マックフルーリー」が今年も期間限定で復活!
今年の「チキンタツタ」はとびきりウマイ!!
罪深い…「アクマのキムラー」新商品が“アクマ的ウマさ”だった!!