メディア個別 市内最大級!環境にやさしい光が京都の街を彩る「ロームイルミネーション2019」【イルミネーション2019】 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

市内最大級!環境にやさしい光が京都の街を彩る「ロームイルミネーション2019」【イルミネーション2019】

第484回 OZmall(オズモール)
京都市の電子部品メーカー・ローム株式会社は、2019年11月22日(金)から12月25日(水)まで、市内にあるローム本社周辺で「ロームイルミネーション2019」を開催。約86万球の電球は、京都市最大級。土日祝日限定のイベントも充実している。

一途な想いを込めたシンボルツリー・ヤマモモがお迎え





ヤマモモの木(五条通りと佐井通り交差点)

イルミネーションの玄関口となる五条通りと佐井通りの交差点にあるのは、「ロームイルミネーション」のシンボルでもあるヤマモモの木。

丸みを帯びた2本の木は、白色LEDを基調とした光に彩られて洗練されたイルミネーションとなり、「一途」「ただ一人を愛する」というヤマモモの花言葉のように、今年も大切な人への想いを照らし出す。

電飾に使用しているローム製LEDは「ロームイルミネーション」のためにカスタマイズされたもので、省エネや高品質へのこだわりが込められた電球となっている。柔らかな色調で統一された上品なイルミネーションは、冬の京都と人々の心をはんなりと彩る。



紅葉や落葉とともに表情が変わる幻想的な光の並木道





光のプロムナード(佐井通り並木道)

ヤマモモの木に迎えられて佐井通りを南に進むと、歩道沿いにまばゆい光をまとったメタセコイアの並木道「光のプロムナード」が続く。

20本のメタセコイアには枝の隅々にまでイルミネーションが張り巡らされ、光あふれる並木道は幻想的な雰囲気に包まれる。

11月中は紅葉したメタセコイアを背景に情熱的に輝き、12月になると葉が落ちて澄んだ光が広がるので、移りゆく色合いとともに光の表情にも注目して。



音と光が呼応して作り出すファンタジックなガーデンショー





光のカクテルガーデン(名倉公園横 芝生広場)

名倉公園横の芝生広場には、イルミネーション・ショーが見られる「光のカクテルガーデン」が登場。

芝生の上に並べられたLEDバー(高さ約1m)と大型のLEDビジョン(高さ6m×横12m)には、波紋のように広がったり、空間をランダムに移動したり、変幻自在な輝きを放つ光の様子が映し出される。

躍動感あふれる光の動きに呼応して流れる音楽が、美しいショーを演出。夜空の下で繰り広げられる、光と音の共演に癒されるかも。



関西最大級のアカペラコンサートや新フォトスポットなど土日祝限定イベントも多数





大学生アカペラコンサート(名倉公園横 芝生広場)

土日祝日限定のホリデーイベントにも注目を。毎年大好評の「大学生アカペラコンサート」は、関西圏10 大学のアカペラサークルから合計39 チームが参加して、芝生広場ですべての土日祝日に実施。期間中の合計78ステージは関西最大級を誇る。

美しい歌声とともにイルミネーションが変化する幻想的なステージで、クリスマス定番ソングから懐メロまで、さまざまな歌が披露される予定。

また、今年は名倉公園にフォトジェニックなドーム型の光の空間「lighting garden(ライティングガーデン)」が2つも初登場。土日祝日はドーム内が開放されるので、フォトスポットとして活用しよう。

このほか、プロのカメラマンに無料で写真を撮ってプレゼントしてもらえる「イルミネーション スマイル フォト」や、京都発祥の「小川珈琲」によるドリンクや焼き菓子の販売もある。休日の京都旅行を計画しているなら、ぜひチェックを。



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ