メディア個別 大渕愛子・念願の第2子を出産。イクメン夫は今回も育休か | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

大渕愛子・念願の第2子を出産。イクメン夫は今回も育休か
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

俳優・金山一彦(49)の妻で、『行列のできる法律相談所』でおなじみの弁護士・大渕愛子(39)が12月6日(火)、第2子となる男児を帝王切開で出産。自身のブログで報告した。

大渕愛子・念願の第2子を出産。イクメン夫は今回も育休か
 
ともにバツイチだった金山と大渕は『踊る! さんま御殿!!』での共演を機に、金山が猛アプローチした結果、’14年8月に再婚。大渕は’15年3月に長男を帝王切開で産んでいる。このときは破水後、20時間も子宮口が開かなかったそうで、子どもの心拍数が下がるなど一時は危険な状態に陥り、やむを得ず帝王切開に踏み切ったという。さらに’15年12月には「子宮頚部高度異形成」の診断を受けて緊急手術をした大渕だったが、その後の経過は順調で、今年3月に念願の第2子を妊娠した。

自身のブログで大渕は、「おかげさまで、本日9時37分、2924gの男の子を無事出産いたしました。母子ともに健康です。元気に生まれてきてくれて、心の底からほっと安心するとともに、生まれてきてくれた赤ちゃんにも、支えてくれた家族にも、応援してくださったみなさまにも、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」とコメント。次男の写真もUPしている。

一方、夫の金山も自身のブログで「分娩室の前では、出て来るのが遅かったのでハラハラしましたが、母子共に健康で安心しました」とコメント。料理人の経験もある金山は大渕と結婚して以降、妻の代わりにほとんどの家事を担当。とくにチャーハンはプロ級の腕前であることが広く知られている。

長男誕生時には数カ月に渡る育児休暇を取り、当時のブログで「愛子さんは弁護士ですし、依頼人の方々の人生が掛かってる。それなのに“育児休暇中です”なんて言える訳がない。それなら“僕が”と思い育児休暇を取ることを決めました」と語った金山。はたして彼は、今回も育児休暇を取り“楽しい主夫ライフ”を送るのだろうか。多忙を極めるワーキングマザーにとって、金山が理想のパパであることは間違いない。

(文/タカザワ紅緒)
本記事で使用している画像は以下ウェブサイトのスクリーンショットです
大渕愛子オフィシャルブログ Powered by Ameba
ママテナ読者が良く購入している人気アイテムやグッズ、アプリをランキング化!みんなはいくつ知ってる?
  • 1位
『ウルシヤマ金属 油キレイ 260ml』
天ぷらなどで利用した廃油に混ぜるだけで油が洗剤に変わるというスグレモノ! 入れると油が一瞬で乳化してサラサラに。スポンジも鍋もベトつかず後処理が楽チンに
 
  • 2位
『TOFULOVEプロフェッショナルメイクアップスポンジ』
ラテックスフリーで肌に優しく、ファンデーションが薄塗りでもムラなく美しく仕上がるとママたちの間でもひそかなヒット! 価格も400円程度と安価なのもうれしい!
 
  • 3位
『たっきーママのHappy朝ラク弁当』
ミツカンやサントリー、味の素KKなど、数々のメーカーが主催するレシピコンテストで受賞し、料理ブロガーとしても大人気のたっきーママ。毎朝簡単に、しかも華やかなレシピの数々はママたちに大好評!
 
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP