メディア個別 ジョニー・デップ、弁護費用未支払いの訴訟で和解 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ジョニー・デップ、弁護費用未支払いの訴訟で和解

第785回 海外スターの最新ニュース

ジョニー・デップが弁護費用未支払いで訴えられていた件で、和解に達したという。ジョニーが自身の元弁護士ジェイク・ブルームを相手取り訴訟を起こした際、バックレー社に弁護を依頼したものの、今年1月に解雇したことを受け、同社はジョニーがそれまでの弁護費用の支払いを怠ったとして訴訟を起こしていた。

弁護士のフレドリック・レヴィン、マイケル・ローム、アリ・アブゲイダは、すでに10%減額した53万5697ドル(約5837万円)の弁護費用の内、35万ドル(約3813万円)近くとされる未支払い分を求めてジョニーを訴えていたが、今回両者の間で和解に至ったようだ。

一方でジョニーは先日、多額の不正な報酬を受け取ったとしてブルームを訴えていた件で、同氏とも和解している。ジョニーは、およそ20年に渡り合計3000万ドル(約32億円)以上の報酬を不正に受け取っていたとして同氏を訴えていたが、ジョニーの弁護人は支払い金額に両者が合意し、和解に至ったと発表していた。

ハリウッドでトップレベルのギャラを誇るジョニーは2017年10月、契約は口頭で結ぶのではなく書面でのみ有効だとしてブルーム氏を訴えたが、同氏が訴えの取り下げを求め反訴したことで泥沼化していた。しかし昨年8月、ロサンゼルス高等裁判所がジョニーに有利な判決を下したことで、新たな展開を見せていた。

あなたにおすすめ

ピックアップ