メディア個別 横浜の街が光でシンクロ!スマホ片手に光と遊べる「NIGHT SYNC YOKOHAMA」【イルミネーション2019】 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

横浜の街が光でシンクロ!スマホ片手に光と遊べる「NIGHT SYNC YOKOHAMA」【イルミネーション2019】

第540回 OZmall(オズモール)
横浜の新港中央広場を中心とした新港地区では、街や人を光で SYNC(同調)させるナイトアートプログラム「NIGHT SYNC YOKOHAMA(ナイトシンクヨコハマ)」を2019年12月27日(金)まで開催中。先端技術で光と遊びながら、横浜の夜を楽しもう。

広場ではメディアアートに連動して花や木も表情を変える





イルミネーションイメージ

メインエリアとなる新港中央広場では、18時から21時10分まで常時イルミネーションを展開。プロジェクションとセンシング技術(人や物の動きを感知して制御できる技術)を使った映像装置によって、光の変化が体験できるデジタルコンテンツを投影する。

広場の植栽部分には、フラワーイルミネーションや50台を超えるフルカラー投光器で樹木のカラーライトアップも実施。メディアアートに連動して花や木の色が変わるので、周辺がファンタジックな空間になるのも見どころ。

いろいろな種類のプロジェクションマッピングを見るだけでなく、実際に光の中に入って体験できるのがうれしい。



街全体が光と音楽でダイナミックに彩られる特別演出に注目





約10分間の特別演出

18時、19時、20時、21時からの各約10分間にわたって行われる「特別演出」にも注目を。このイベントには、ナビオス横浜や横浜ワールドポーターズ、MARINE&WALK YOKOHAMAなど新港地区とその周辺にある8つの施設が参加する。

それぞれの建物に設置したライトを一括でコントロールして行う特別演出は、建物壁面のカラーライトアップや、サーチライトによるダイナミックな光と音楽によって、これまでにないスケール感で都市の景観を際立たせる。

夜の横浜が街ごと表情を変える演出に、インスタなどでは静止画像だけでなく動画の投稿も多いとか。



WebAR技術でスマホのなかに知らなかった世界が広がる





※イメージ

特別演出のなかでは、スマートフォンに現実を拡張したデジタル演出を加えられる「WebAR」の技術も活用。来場者がスマートフォンのスクリーン越しに現実のイルミネーション風景をのぞくと、デジタルの映像が重なって、見たことのない景色が広がる。

アクセスは簡単。公式ホームページの「特別演出に参加する」ボタンからスキャン画面を起動して、広場に設置された「特別演出ARマーカー」を読み取るだけ。スマートフォンには、今までになかったもうひとつの世界“ミラーワールド”が映し出される。

横浜の街全体がアートになる夜の特別演出を、ぜひ現地で体験して。



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ