メディア個別 「女子高生の無駄づかい」がドラマ化決定!バカ役は岡田結実 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

「女子高生の無駄づかい」がドラマ化決定!バカ役は岡田結実

第4946回 ママテナTVウォッチ&ガイド
「私のおじさん~WATAOJI~」で連続ドラマ初主演を果たした岡田結実さんが、再びドラマの主演を務めることが発表されました。今回は人気漫画「女子高生の無駄づかい」の実写版です。

岡田結実

「バカ」「ヲタ」「ロボ」がテレビドラマに登場

漫画家・ビーノさんが描く「女子高生の無駄づかい」は、個性派女子高生たちの日常を描いたコメディー漫画です。アニメ化もされており、人気を博しています。

そんな漫画がまさかの実写化。主人公である「バカ」こと田中望に扮するのは、岡田結実さん。同漫画の中心人物である「ヲタ(菊池茜)」役は恒松祐里さん、「ロボ(鷺宮しおり)」役は中村ゆりかさんが務めます。

さらに、「バカ」「ヲタ」「ロボ」が通うさいのたま女子高等学校1年2組の担任・佐渡正敬は、劇団EXILEのメンバー・町田啓太さんが演じる。

放送はテレビ朝日系で2020年1月スタートとなっていますが、すでにネット上では「ドラマ化おめでとう」や「岡田結実ちゃんのバカ役は期待出来る」などのように喜ぶ声もあれば、「ロリとヤマイ役は誰になるんだろう」「再現度が気になる」といったように、もっと情報を欲している声も見受けられ、話題沸騰中。

「女子高生の無駄づかい」を知らなかったというみなさんは、ドラマ放送前に、漫画やアニメをチェックしてみてはいかがでしょうか。
(文・山手チカコ)

あなたにおすすめ

ピックアップ