メディア個別 マスキングテープや流木で簡単に作れるクリスマスツリー!スタイリスト浦住弥也子さんが教える“サステイナブル”な手作りの飾り | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

マスキングテープや流木で簡単に作れるクリスマスツリー!スタイリスト浦住弥也子さんが教える“サステイナブル”な手作りの飾り

第545回 OZmall(オズモール)
モノがあふれ消費してばかりの今こそ、クリスマスは環境に優しい“サステイナブル”な意識を取り入れてみては。今回は、スタイリストの浦住弥也子さんに、買わなくても身近な材料で作れるサステナイブルなクリスマスツリーを教えてもらいました。クリスマスだけではなく、1年を通したインテリアとしても応用が効くから、早速トライして。

クリスマスツリーはどう楽しめばいいの?



モノを増やさず、身近なもので。クリスマスツリーを作ってみよう





クリスマスを象徴する代表的なアイテムといえば、やっぱりクリスマスツリー。クリスマスが近づくと、街には見るだけでワクワクさせてくれるツリーがそこかしこに。海外では、クリスマスの4回前の日曜日からクリスマスイブまでの約4週間が“クリスマスの準備期間”とされ、その日に飾りつけを始める家が多いのだそう。

日本では、ツリーを飾りたくても独り暮らしで置くスペースがなかったり、この時期しか使わないアイテムが増えてしまったりと、なかなか楽しめずにいるという人も多いはず。

そこで今年は、ものを必要以上に増やさず、身近なものでクリスマスツリーを作ってみませんか? オズモールでも大活躍のスタイリスト・浦住弥也子さんに、身近なもので簡単に作れる3パターンのクリスマスツリーの作り方を教えてもらいました。「豪華なツリーを買わなくても、自宅にあるちょっとしたものでクリスマスツリーって作れるんです」と浦住さん。

環境にも優しい“サステイナブル”な意識を取り入れて、令和時代のクリスマスを自分らしく楽しもう。



スタイリスト・浦住弥也子さんが教える「身近なアイテムで作るクリスマスツリー」



マスキングテープで作る、スタイリッシュモダンなクリスマスツリー





こちらは、マスキングテープとフレームがあれば簡単に作れるクリスマスツリー。「マスキングテープの色味や柄を変えるだけで、飾った雰囲気もがらりと変わります」と浦住さん。「今回は、あえて蛍光色のマスキングテープを使ったものも作ってみました。蛍光色をマスキングテープを使うときは、フレームに入れる紙をクラフトペーパーっぽい色味にするとコントラストが押さえられて、大人かわいい雰囲気になります」

フレーム、マスキングテープは100円ショップのものでも十分だそう。「フレームはできればシンプルなものを。表面のカバーはガラスかアクリルなどのものだと、安っぽく見えないのでおすすめです」





【材料】
・フレーム(今回はA4サイズを使用)
・マスキングテープ
・下にしく紙
・星型のシール

【作り方】
1フレームに入れる紙に好みの色で好きな文字を書く。
2フレームに保護カバーと1を入れる。
3文字の上にツリーの形のようになるようマスキングテープを貼っていく。
4ツリーのてっぺんに星型のシールを貼れば完成。



浦住さんワンポイントアドバイス

・ラフな仕上がりもかわいいので、文字を書いたりマスキングテープを貼ったりするときは、細かな位置は気にしなくても大丈夫。もちろん、気になる人は下描きをしてもOK。
・紙にマスキングテープとシールだけを貼ってもよいし、表面のカバーに文字を書いてレイヤーにしてもかわいいです。



三又で作る、大人スウィートなクリスマスツリー





白い三又「晒し三又」を使ったクリスマスツリー。白い枝をフラワーベースにさして、ちょっとしたオーナメントを飾るだけでクリスマス気分になれそう。

「今回はオーナメントが際立たせるのにわかりやすい白い枝を使いましたが、クリスマスにはゴールドなんかもおすすめです。持っているインテリアやオーナメントのカラーに合わせて、白い三又をスプレーで好きな色に染めてもよいですね。拾ってきた小枝を使ってもかわいいですが、その場合はやすりで滑らかにしてから使ってください」

白い枝に品のあるピンクのオーナメントがちょっと甘い雰囲気に。「オーナメントの色味で印象もがらりと変わります。お子さんがいるおうちならビビッドなオーナメントにしてポップな感じにしてもよいですし、飾りやオーナメントでいろいろなテイストの飾り付けを楽しんでみてください」





【材料】
・晒し三又(今回は5本使用)
・フラワーベース
・好みのオーナメント

【作り方】
1三又をフラワーベースとのバランスに合わせて、適当な長さにカットする。(個体差があるので、バランスみながら長さ調整をしたり、枝先をカットしたりしてください)
21をフラワーベースにさす。
3バランスを見ながら好みのオーナメントを飾って完成。



浦住さんワンポイントアドバイス

・枝をどれくらい入れるかはフラワーベースの大きさに合わせて調整してください。今回は5本使っています。
・三又はフラワーベースの入り口から放射状に広がるように挿してみてください。入り口が狭いもののほうが形は作りやすいかなと思います。
・オーナメントの飾り方のコツは、同じ色味のものをまず飾って、全体に色をばらけさせます。オーナメントも紐などでも高さを少し調整するなどして、バランスをみて飾るとうまくいきますよ。



流木を使った、ナチュラルなクリスマスツリー





エコ&サステイナブルな意識として、ぜひ取り入れたいのが流木の活用。浦住さんはインテリアはもちろん、結婚式の飾り付けなどでも流木を活用されているそう。

「ナチュラルな雰囲気もあり、高さも出せるので、流木っていろいろな場面に使えるんです。私は持っていた流木を使っていますが、もちろん自然に落ちた木や拾ってきた小枝でもいいと思います。その場合はやすりがけして、滑らかにしてから使ってくださいね」





【材料】
・流木
・麻紐
・好みのオーナメント

【作り方】
1ツリーの形になるよう、流木を並べる。
2流木の端に麻紐を3回巻き、固結びをして止めていく。
3上の流木へと麻紐でつないでいく。反対側も同じようにして、てっぺんに輪っかを作っておく。(斜めになると形が崩れてしまうので注意)
4てっぺんに飾る流木を麻紐で取りつける。
5好みのオーナメントを飾りつければ完成。



浦住さんワンポイントアドバイス

・ツリーに飾るような星のオーナメントがあれば、トップに飾ってもOK。
・普段は写真やポストカードを飾ったり、ドライフラワーなどと組みあわせてもかわいいですよ。



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ