メディア個別 赤ちゃんの部屋を快適に!暖房のつけかたやストーブやこたつの危険防止 | ベビーカレンダー | ママテナ
赤ちゃんの部屋を快適に!暖房のつけかたやストーブやこたつの危険防止

赤ちゃんの部屋を快適に!暖房のつけかたやストーブやこたつの危険防止

保育士の中田馨さんが、赤ちゃんの部屋の暖房のつけかたや、ストーブやこたつの危険防止をお話ししてくれました。赤ちゃんに心地よい温度設定や寝ている時の温度調節などまとめて解説!

こんにちは、保育士の中田馨です。12月に入って冷え込む日が増えてきました。わが家も先日から、朝起きたときはエアコンをつけて部屋を暖めています。普段、何気なく使っている暖房器具ですが、赤ちゃん目線に立ったときに「私は適温だけど、じっとしている赤ちゃんにとっては寒い?」などと気になることもあります。


今回は、赤ちゃんが過ごす部屋で暖房をつけるときの使い方や、暖房器具の注意点をお話します。

赤ちゃんにとって心地良い温度設定

赤ちゃんは、月齢が低いほど体温調節が未熟で、外気温によってすぐに体温が上がったり下がったりします。例えば、上着を羽織って外出から帰ってくると、熱がこもって体が温かくなり一時的に体温が上がります。上着や靴下を脱がせてしばらくすると、体温は平熱に戻ります。


室内の温度にももちろん配慮が必要です。とはいえ、基本的にはママが過ごしやすい温度で大丈夫。赤ちゃんにとっての心地良い部屋の温度は、冬の場合20~23度、湿度は50~60%が理想です。

こんなときは暑がっている?寒がっている?

「理想の温度は冬の場合20~23度」と話しましたが、赤ちゃんによっては寒がりの子もいれば、暑がりの子もいます。時々赤ちゃんの体や様子を見て、汗ばんでいたら暑い、体が冷たかったら寒いと判断します。


そして、暑い場合は暖房温度を下げて、寒い場合は上げて調節します。また、赤ちゃんが着ている衣服が厚くないか、薄くないかなども赤ちゃんの様子を見ながら調節をしましょう。

関連記事:

ピックアップ

【ダイソー】買って正解!どこ行った?が無くなった!超使える至れり尽くせり収納が話題
「えっ初耳…!」イメージ激変!生理で悩む私に先生が教えてくれたのは…
「してやられた!」バースデーフォトでまさかの罠にまんまと…【ママならぬ日々148話】
「そのタイミングで泣く!?」娘にみんな大注目!波乱の幼稚園デビュー