メディア個別 40度の高熱!娘が1歳のときに私を襲ったのはあの病気でした【体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
40度の高熱!娘が1歳のときに私を襲ったのはあの病気でした【体験談】

40度の高熱!娘が1歳のときに私を襲ったのはあの病気でした【体験談】

お子さんが1歳のとき、肺炎にかかってしまったママの体験談を紹介しています。ママが動けなくなったとき、小さい子どもはどうするか? どう乗り切ったのかを教えてもらいました。

娘が1歳半になる秋に、私は謎の高熱で動けなくなってしまいました。当時私は専業主婦で、娘を自宅でみていた時期。夫は仕事が休めず、移動に2時間かかる距離にある実家や義実家から応援に来てもらい、数日間どうにか面倒をみてもらいました。それでも治る気配はなく毎晩高熱が続くので、娘を連れて実家へ帰ることに。実家近くの病院で検査をしてもらった結果、なんと肺炎でした。当時のことを詳しくご紹介します。

激しい悪寒からの高熱

私が35歳のときのこと。当時私は2人目妊活中で、娘のお昼寝中に激しい悪寒と関節痛に襲われました。もしかして、妊娠して体温が上がっているのかな? と期待が高まったのを覚えています。


毛布にくるまってしばらくすると悪寒はおさまりました。そんなことが3日間続き、4日目はお昼から発熱。風邪の症状はなく、このときはまだ家事も育児もどうにかこなせる程度でした。しかしその翌日のお昼過ぎからどんどん熱が上がり、夕方には40度に。念のため実家から応援に来てもらっていたので、娘を預けて、私は高熱のなか自転車で病院へ向かいました。

原因不明! 症状は高熱だけ

病院でインフルエンザの検査をしましたが、結果は陰性。そのときたまたま下痢気味で、「腸から来る発熱かもしれないので、もうしばらく様子をみましょう」と、整腸剤と解熱剤が処方されました。翌日は義母に来てもらい、1日中娘をみてもらうことに。解熱剤を飲むと、2時間ほどかけて40度から37.5度くらいまで下がり、1時間ほど経つとまた熱が上がりだします。


この日は関節痛が酷く、寝返りも息を吸うのも痛い状態でした。解熱剤を飲んで、熱が少し下がると動けるようになり、その隙になんとか食事をしました。

娘は状況を理解できていませんでしたが、ただごとではないと察しているようで、あまり私に近づこうとはしませんでした。

関連記事:

ピックアップ

【ダイソー】買って正解!どこ行った?が無くなった!超使える至れり尽くせり収納が話題
「えっ初耳…!」イメージ激変!生理で悩む私に先生が教えてくれたのは…
「してやられた!」バースデーフォトでまさかの罠にまんまと…【ママならぬ日々148話】
「そのタイミングで泣く!?」娘にみんな大注目!波乱の幼稚園デビュー