メディア個別 ジャンプ史上最強の「悪のカリスマ」ランキング | gooランキング | ママテナ
ジャンプ史上最強の「悪のカリスマ」ランキング

ジャンプ史上最強の「悪のカリスマ」ランキング

創刊から50年以上幅広い年齢層の人々から愛されてきた『週刊少年ジャンプ』。今まで掲載されてきた作品からは、印象的な敵キャラが多数誕生しました。そこで今回は、ジャンプ最強の悪のカリスマについて探ってみました。

1位 フリーザ
2位 夜神月
3位 ラオウ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「フリーザ」!

1984年の連載開始以降、バトル漫画の金字塔として国内にとどまらず海外にも多くのファンを持つ『ドラゴンボール』。次々と押し寄せる地球内外の敵はどのキャラクターも個性豊か。中でも特に多くの人の印象に残っているのがフリーザ。宇宙最強の存在として多くの星々で極悪非道の限りを尽くしてきた大悪党。冷静沈着で残虐非道、自分以外の命を虫ケラほどにも考えない、吐き気がするほどの悪こそがフリーザ。白と紫というボディーカラーも斬新で、どこかユニセックスな雰囲気が感じられる話し方も特徴的。ドラゴンボール史上最強最悪の敵キャラとして、フリーザが1位に選ばれました。

2位は「夜神月」!

「名前を書かれた人は死ぬ」という死神のノートをテーマにした、斬新な設定で爆発的人気を集めた『DEATH NOTE』。死神のノートを手にした主人公・夜神月は、法で裁かれなかった犯罪者を次々と始末するというダークヒーロー。一部の人からは新世界の神と崇められますが、見方を変えれば大量殺人犯。次第にその心は黒く染まりはじめ、顔はゆがみ、他者を見下した考え方に。主人公でありながら悪である夜神月が2位となりました。

関連記事:

ピックアップ

今注目のKindle マンガ Amazon売れ筋ランキング(2021年6月7日16時00分更新分)
大河の主役を見たいと思う男性俳優ランキング
一番うまい!カップ焼きそばランキング
一番好きなテレビ版ガンダムの量産型モビルスーツランキング