メディア個別 妊婦さんの真夏の過ごし方【前編】 〜上手な水分補給で、熱中症予防〜 | 知っておきたい、妊娠初期の豆知識! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
妊婦さんの真夏の過ごし方【前編】 〜上手な水分補給で、熱中症予防〜 

妊婦さんの真夏の過ごし方【前編】 〜上手な水分補給で、熱中症予防〜
~知っておきたい、妊娠初期の豆知識!~

「妊婦さんは熱中症になりやすい」って本当?

今年も暑い季節がやってきました。「妊婦さんは熱中症になりやすい」と耳にしたことはありませんか?妊婦さんにとって、夏は一番つらい季節。妊娠すると、基礎体温が上昇するため、体感温度も上がり、気温以上に暑さを感じるようになります。さらに、新陳代謝もよくなって、とても汗をかきますし、トイレも近くなりますから、妊娠全般を通じて、こまめな水分の補給が重要になってきます。
お出かけにはマイボトルを
 

水分はなぜ必要?

とくに妊娠初期は、つわりで食事量が減っている人と、逆につねに何かを口にしていないと気持ち悪くなる人とがいます。つわりの症状として代表的なのが吐き気ですが、吐くことを恐れて、水分を控えてしまうと、脱水症状のリスクが高まるだけでなく、かえってつわりの症状がひどくなる可能性があります。とはいえ、一気にたくさんの量をとってしまうと、吐いてしまうことも……。気分がよいときに、少量ずつ水分をとるように心がけましょう。また、妊娠中は便秘になりやすいので、便秘対策としても水分補給は有効です。こまめに水分をとることで、老廃物の排出を促し、むくみや便秘の予防、肌の乾燥予防に役立ちますよ。

マイ・ボトルを携帯しましょう

いつでもどこでも水分補給ができるように、妊娠中はマイ・ボトルを携帯しておくと安心です。中身は、水やノンカフェインのほうじ茶などがおすすめ!炭酸水なら飲めるという人は、それでも大丈夫です。ただし、極力無糖のものを選ぶようにしましょうね。

お医者さんと考えた妊婦さん向けのアプリを配信中。妊娠時期にあわせた赤ちゃんの様子やQ&A、おすすめレシピ、体重や気分などを記録して自己管理する機能などコンテンツが満載! 病院の先生や専門医が監修した情報で、妊娠中に役立つことや必要なことを、手軽にきちんと学べるサービスです。


特定非営利活動法人きずなメール・プロジェクト
同法人は「妊娠期から始める孤育て(孤独な子育て)予防」「コンテンツによる社会課題の予防・解消」を展開する子育て支援団体です。産前産後の母親やその家庭に、妊娠週日数や月齢に応じた赤ちゃんの成長の様子やアドバイスを送る事で、乳幼児虐待や産後うつなどを未然に防ぐことを目指しています。
※「妊婦手帳」は特定非営利活動法人きずなメール・プロジェクトより一部コンテンツの提供を受け運営しています。
発信元:妊婦手帳
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP