メディア個別 子どもの頃好きだった「乳性・乳酸菌飲料」ランキング | gooランキング | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

子どもの頃好きだった「乳性・乳酸菌飲料」ランキング

第32回 gooランキング
“甘酸っぱい”という表現は恋心のたとえによく使われますが、幼少期の“甘酸っぱい”思い出といえば、おやつなどに出してもらって飲んだ「乳酸菌飲料」が頭に浮かぶ人も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、子どもの頃好きだった「乳性・乳酸菌飲料」についてアンケート、ランキングにしてみました。なお、「発酵乳」に分類される「飲むヨーグルト」は、今回のランキングの対象外となっています。

1位 カルピス
2位 ヤクルト
3位 森永マミー
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「カルピス」!

見事1位に選ばれたのは、1919年(大正8年)7月に日本で初めての乳酸菌飲料として発売された「カルピス」でした。カルピスの生みの親である三島海雲氏が中国の内モンゴルを仕事で訪れた際に、現地の遊牧民が飲んでいた「酸っぱい乳」と出会い、それをもとにおいしく体に良い飲み物として開発したのだそう。白濁色の爽やかな見た目に、ほのかな酸味とすっきりとした甘さで今も昔も子どもたちに大人気。1位の順位も納得ですね。
現在では紙パックやプラスチック容器に入って販売されていますが、平成の半ば頃までは白地に水玉模様の紙でくるまれた瓶の容器も存在していました。瓶容器だった頃に子ども時代を過ごした人にとっては、あのゴワゴワした紙の感触もカルピスの思い出の一つとして残っているのではないでしょうか。

2位は「ヤクルト」!

続いて選ばれたのは、カルピスに並ぶ日本の乳酸菌飲料の代表格、「ヤクルト」でした。京都帝国大学(現・京都大学)で人の健康に役立つ乳酸菌の強化・培養に成功したヤクルト創始者の代田稔博士が、1935年(昭和10年)に福岡市で製造・販売したのがヤクルトの誕生となったそうです。当初のヤクルトは、カルピス同様に薄めて飲む希釈タイプで、発売からしばらくはガラス瓶入りでした。現在のようにプラスチックのボディーにアルミニウム箔のキャップがついた容器になるのは、1968年(昭和43年)のこと。ちなみに、あのキャップに歯で穴を開けてチュウチュウ吸い出すのが子どもには楽しいものですが、キャップをはがしてから飲むのが正しい方法だそうです。

3位は「森永マミー」!

3位には「森永マミー」がランク・イン。ライオン、カバ、キリンなど動物のキャラクターが描かれたパッケージでおなじみ。カルピス、ヤクルトほどではないですが、1965年(昭和40年)発売開始というロングセラー商品。動物のキャラクターが描かれるようになったのは1975年に紙パックの商品が登場してからだそうです。ヤクルトに似た薄い橙色をして、味もヤクルト系の優しい甘さとほど良い酸味が特徴ですが、森永マミーの魅力の一つはコップにたっぷり注いでグビグビ飲めるところではないでしょうか(ヤクルト数本分の量を一気に飲める!)。そんなことも加味されてか、高い順位に選ばれました。

このように、発売開始から少なくとも50年以上経つロングセラーの乳酸菌飲料がトップ3を占める結果となりました。気になる4位~26位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんにとっての「甘酸っぱい」思い出の味はどれですか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,752票
調査期間:2019年11月10日~2019年11月24日

配信元

gooランキング
gooランキング
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。
gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数によるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイント5ptがもらえる!
アニメ史上最もかわいい弟キャラランキング
名前がかっこいい!ジャンプ主人公ランキング
年齢を感じさせない30歳以上のジャニーズランキング