メディア個別 大人も子どももOK! ヘアドネーションで髪を寄付する理由 | 髪の毛でできる奉仕活動「ヘアドネーション」って何? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

大人も子どももOK! ヘアドネーションで髪を寄付する理由
~髪の毛でできる奉仕活動「ヘアドネーション」って何?~

病気で髪を失ってしまった子どもたちの医療用ウィッグのために、自分の髪を寄付する活動「ヘアドネーション」。

実際に髪を寄付する人たちは、どんなきっかけや理由で行っているの? 特定非営利活動法人「Japan Hair Donation & Charity(通称ジャーダック)」代表の渡辺貴一さんは次のように話す。

「髪を寄付するきっかけは、十人十色で、実に多岐にわたっています。『髪の毛を伸ばす理由が、イコール切る理由』『ある目的を達成したから』ということも多いですね」(渡辺さん 以下同)

例えば、成人式を終えて心機一転カットする人。結婚式まで伸ばしていた髪を、披露宴の中でイベントとしてバッサリ切る「断髪式」を行う人。妊娠・出産を機に「子宝を授かったから、幸せのおすそ分け」として行う人。

また、大切な人をガンなどで失い、「何もしてあげられなかった」という「ある種の後悔」から、誰かの役に立つために行う人。自分がガンになってしまい、抗がん剤で髪が抜ける前に人の役に立てたらと、寄付する人もいるそう。
切った髪の毛を持っている女の子
 

●「誰かの役に立ちたい」という思いは、子どもも同じ

実は子どもの髪の寄付も多いというけど、そのきっかけは?

「バレエをやっていた子、フラダンスをやっていた子などが、髪を切るときに寄付するケースや、七五三を終えた節目や、入学卒業の機に寄付するというケースもあります」

また、ダウン症の子を持つお母さんがヘアドネーションの活動を知り、「人のおかげで生きてきた子が、人のためになることができるなんてうれしい」という思いから、自分の子の髪を寄付することもあったとか。

「何年も外に出ていなかったひきこもりの子が、この活動のために外に出られたという話も聞きました。人は、姿かたちを変えると、気分も変わるもの。ボサボサだった髪をスッキリとショートにすることで、社会に出られるきっかけになる可能性もあります」

ところで、ヘアドネーションを実際に行った人たちからはどんな感想があるのだろうか。

「お便りでよくいただくのが『晴れ晴れした気持ちになった』『こういった活動をやってくれてありがとう』といったものです」

なかには「美容室で髪を切ることで、こんなにも気持ちが高揚したのは、長い人生で初めてです!」といった感想もあるとか。

「誰しも美容室に行くのは、少しでも若く見られたい・キレイに見られたいといった自分だけの価値からですよね。でも、それが自分のためだけでなく『人のため』『人の役に立つ』という理由になるのですから、雲泥の差があるのでは?」

「誰かの役に立ちたい」「誰かに喜ばれたい」と思いを持ちつつも、その方法が見つからない人は少なからずいるだろう。そうした人に「ヘアドネーション」は最適の方法なのかもしれない。
(田幸和歌子+ノオト)

お話をお聞きした人

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP