メディア個別 【動画あり】ヨガで“快眠”!寝る前1分でできる簡単な動きで、体もストレスもほぐして熟睡しよう | OZmall(オズモール) | ママテナ
【動画あり】ヨガで“快眠”!寝る前1分でできる簡単な動きで、体もストレスもほぐして熟睡しよう

【動画あり】ヨガで“快眠”!寝る前1分でできる簡単な動きで、体もストレスもほぐして熟睡しよう

寒くなると体が冷えてしまって、寝つきが悪くなりがち。また、年末はなにかと忙しく、疲れも溜まりがちに。そんなときは簡単なヨガを行って、眠りの質を高めてみては? 「快眠」をサポートしてくれる簡単な3つのヨガを、「SPORTS STATION Hibiya Park」などで活躍する、ヨガインストラクターのsonokoさんに伺った。

パヴァナ ムクタ アーサナ(胎児のポーズ)
お腹からガスを抜き、1日の疲れとストレスを開放しよう





床やベッドに寝て、ひざを抱えるだけなので、運動が苦手な人や高齢者などでも行いやすいのがうれしい。
「お腹のハリを解消してくれ、お腹からガスが抜けるので便秘の軽減もサポートしてくれます。1日の疲れでゆがんだ骨盤を整えてくれ、昼間の疲れやストレスをほぐす効果もあります」とsonokoさん。夜寝る前、ベッドで行うと効果的。

「パヴァナ ムクタ アーサナ」のやり方
1:床やベッドにあおむけになる
2:両ひざをたてる
3:両手でひざをもち、両足を胸にひきよせる
4:深く呼吸しながら、気持ち良いと感じる時間続ける

おなかで呼吸するように意識しながら、深くゆっくり呼吸をすると効果アップ!



スプタ ヴァジュラーサナ(眠っている稲妻のポーズ)
胃腸の働きを助け、副交感神経を優位に





内臓器官などをマッサージできるので、消化不良や便秘を和らげることができます。夕飯を食べすぎて寝つきが悪いときなどにもいいですね。たくさんの神経や筋肉が集まっている背骨も整えてくれます」とsonokoさん。

また、腰周辺は副交感神経に関係しているので、ももや腰周辺がほぐすことでぐっすり眠れる効果も。「大きく胸を開いて肺が広がるので、酸素をたくさんとりこむことができ、ストレス解消の効果もあります」(sonokoさん)。

「スプタ ヴァジュラーサナ」のやり方
1:床に正座する
2:可能ならひざはつけたままで、両足を左右に開く
3:両足の間にお尻を落とす。できない人は、お尻の下にクッションなどを置いてもOK
4:そのまま背中を床のほうへ下ろし、両腕を左右に広げる。そのまま深呼吸しながら1分ほどリラックス

クッションは置いたほうが安心して後ろに倒れることができるので、初心者にはおすすめ。もちろん、なしでできる人は何も置かなくてもOK。ひざが開いてしまう人は、できればももの外側は、左右のももが平行になるように意識すると効果アップ。



関連記事:

ピックアップ

2021年夏のボーナスは期待薄?あてにしないで家計を守るポイントについてFPがわかりやすく解説
足の疲れ&むくみ対策にも!夏にぴったりな足がスッキリするグッズ3選
【水族館】個性的なペンギンや幻想的なクラゲ、人気急上昇中のチンアナゴに会いに。18時以降も楽しめる「すみだ水族館」の魅力
【かき氷】“抹茶尽くし”の絶品かき氷6選!お茶の老舗や老舗和菓子店が手がける最高級氷、珍しい“真っ白い”抹茶氷も