メディア個別 ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の一部に不満があった!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の一部に不満があった!?

第833回 海外スターの最新ニュース

ジョン・ボイエガは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の一部に納得できないところがあったそうだ。同人気シリーズでフィン役を演じるジョンは、ライアン・ジョンソン監督によるシリーズ前作で、メインキャラクターを離れさせ、それぞれのストーリー展開を見せる点など、いまひとつ掴めなかったという。

2017年公開の同作については、マーク・ハミルも以前、自分が演じるルーク・スカイウォーカーの性格や振る舞いの変化に不満を表していたことがあった。

ハイプ・ビーストに対して今回ジョンはこう話している。「正直言って、『最後のジェダイ』では、ちょっと怪しいと感じる場所があったと言える。あの作品の多くの点において納得していたとは言えないし、マークにはそのことを何度も言っていた。それに、みんながバラバラだったから、誰にとっても辛かった」「オリジナルの『スター・ウォーズ』作では、結局はルークの旅路なんだけど、そこにハン(ソロ)とレイア姫が加わることでさらに力強い原動力が生まれるというトリオ感がもっとあった。そういう長年培ってきたパワーを僕らがエピソード9(『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』)でどれだけ早く生み出すことが出来るかは分からない。でもそれを目指しさえすれば、良いと思うけどさ」

以前マークは1977年のシリーズ第1弾から演じてきたジェダイの騎士ルークが、『最後のジェダイ』で描かれていた、1つのミスによってダークサイドに陥ってしまった元弟子のカイロ・レンを引き戻すことに失敗した点や、レイを新たなジェダイの騎士としてトレーニングするという点についても納得いかない心境を明かし、ジョージ・ルーカスのビジョンをジョンソン監督が間違って理解しているのではないかと話していた。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイントがもらえる!
アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ