メディア個別 愛らしい表情のお土産にほっこり。東北の手仕事を感じる、あ・ら・伊達な道の駅の「こけしもろこし」 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

愛らしい表情のお土産にほっこり。東北の手仕事を感じる、あ・ら・伊達な道の駅の「こけしもろこし」

第678回 OZmall(オズモール)
OZmagazine TRIPで好評連載中の「さて、おやつにしますか」は、文筆家・甲斐みのりさんが教える、旅の目的になるおやつの話。第7回目は宮城県・大崎市にある「あ・ら・伊達な道の駅」で販売中の郷土菓子「こけしもろこし」を紹介。口の中でじんわりほどける優しい味わいはもちろん、こけしをかたどった愛らしいお菓子ができるまでのストーリーにも魅力が詰まっている。

70年前の古道具に新たな命が吹き込まれ





こけしもろこしは、電話または店頭注文で自宅への配送も可能(代金引換)

宮城県大崎市の鳴子温泉は、東北6県のみで作られる伝統こけしの一大産地。まだ旅慣れない20代の頃に初めて訪れ、公衆電話に郵便ポストとこけし尽くしのファンシーな風景に魅了されたことで、旅と郷土玩具のおもしろさに目覚めた。
 
毎年初秋に鳴子温泉で開催される「全国こけし祭り」もこれまで何度か訪れているけれど、今年は仕事と重なり断念。すると祭りに参加した、こけし好き仲間のイラストレーター・杉浦さやかさんが、嬉しいみやげを届けてくれた。
 
胴の模様や愛嬌いっぱいに顔の表情が異なる、小指大の10種類のこけしのお菓子が、1箱に10個無作為に入った「こけしもろこし」。鳴子の菓子店「おかしときっさ たまごや」に眠っていた70年以上前の木型で、秋田県・角館町の「いさみや」が、小豆粉を型打ちした秋田の郷土菓子「もろこし」を手作りする。郷土の宝を復活させ、新名物を企画したのは、温泉街にほど近い「あ・ら・伊達な道の駅」。香ばしく、口の中でほろりと溶ける愛らしいお菓子は、温泉やお風呂上がり、お茶で温まったポカポカの体にも、じんわり優しく甘さが染みわたる。

取材・文/甲斐みのり 撮影/鍵岡龍門



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

毎日10:00更新!スキマ時間に、ためになる雑学クイズをチェック
おうち時間が増えたら飲みすぎ注意!自分の「適性」と「適正」量を知ってお酒と上手に付き合おう
【小学生におすすめ】人気モデルがキッズ向けになって登場。ノースフェイスのトレッキングバッグ【誕生日プレゼント特集】
保険はいつ、どのように見直せばいい?ポイントや注意点をFPがわかりやすく解説