メディア個別 【青森県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!青森県民のソウルフード!イギリストースト | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【青森県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!青森県民のソウルフード!イギリストースト

第680回 OZmall(オズモール)
スイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた絶品スイーツをご紹介。今回は、「パン」から、「あおもり北彩館(飯田橋)」の逸品、青森県のご当地パン、工藤パンの「イギリストースト」をお届け。

このジャリジャリ感がたまらないっ!





よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。
今回は、青森県「工藤パン」が作るイギリストーストをご紹介します。青森県のご当地パンといえば、イギリストーストは外せません。僕が初めてイギリストーストを食べたのは、よしもとの仕事で食を扱うプロジェクトがあったときで、そこにイギリストーストが出品されていたのが出会い。最初食べたときは、このパンがなぜイギリス? 青森とイギリスになにかつながりが? というような印象でしたが、それと同時に大きなインパクトも残りました。後に、青森出身の人にイギリストーストのことを聞くと、みんな知っていて驚いたのを覚えています。では、イギリストーストのこと、少し深掘りしてみましょう。








イギリストーストを作っている工藤パンさんは、昭和7年に創業した老舗メーカー。イギリストーストが誕生したのは昭和42年頃だそう。現在のイギリストーストは、2枚の食パンでグラニュー糖とマーガリンをサンドしたもの。このグラニュー糖のジャリジャリとした食感が、すっごくいいんですよね。どこか懐かしく、ノスタルジックな甘さでナイスィーツ! パン生地のしっとりとした食感とマーガリンのコクも相性ばっちり。シンプルなのに、一度食べると忘れられない不思議なおいしさなのです。





1個184円

僕は定番のイギリストーストしか食べたことありませんでしたが、ほかにもあんこやコーヒークリームを使っていたりと、バリエーションはたくさんあるそうです。いろんなタイプのイギリストーストを合わせて、今でも月に約50万個売れているという超ロングセラー。約50万個ですよ! ものすごい数! いかに青森県民に愛されているかわかりますよね。そして、気になる名前の由来ですが、これは山型のパンを「イギリスパン」というところからきているそう。パッケージの国旗デザインも、イギリス大使館から許可をもらって使っています。そのまま食べてももちろん最高ですが、個人的にはその名の通り実際にトーストして食べてもおいしかったです。いろんな食べ方で試してみてね!



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイント5ptがもらえる!
名曲の聴きどころを解説。ピアニスト・福間洸太朗のクラシックガイド #06
揺れるパールで顔周りを華やかに。職人の手作業で一つずつ生み出されるシルバーピアス。【誕生日プレゼント特集】
【美容に嬉しいノンアル3選】ヘルシー系ノンアルコールドリンク図鑑~ビューティ編