メディア個別 余った甘酒を有効活用!甘酒入り洋風レシピ2選 | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

余った甘酒を有効活用!甘酒入り洋風レシピ2選

第160回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
お正月に家族や親戚と飲むために甘酒を買ったは良いものの途中で味に飽きてしまったり余らせてしまったりした方、少なからずいることでしょう。そんな時は甘酒を普段の料理に取り入れてみてはいかがでしょうか?

甘酒入り洋風レシピ 〜甘酒シチュー編〜

冬の季節にぴったり!ベーコンをたっぷり使った甘酒シチューのレシピです。シチューとの相性抜群なパンやサラダを添えて召し上がってください。

〜ごろごろベーコンの甘酒シチューの作り方〜
<材料>
・甘酒 1カップ
・牛乳 2カップ
・ベーコンブロック 150g
・コーン缶 1缶
・玉ねぎ 1/2個
・じゃがいも 2個
・コンソメの素(顆粒) 小さじ3
・小麦粉 大さじ2
・バター 大さじ1
・塩胡椒 適量

<作り方>
1. ベーコンはサイコロ状に切り、玉ねぎは薄切り、じゃがいもは乱切りにします。
2. 鍋にバターを熱し、ベーコンを炒めていきます。
3. ベーコンから油が出てきたら玉ねぎ・じゃがいもを炒め、全体に油が回るまで炒めていきましょう。
4. 3に小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒めます。
5. 4に牛乳とコンソメ顆粒を加え、野菜が柔らかくなるまで煮込んでいきます。焦げないよう木べらで時々かき混ぜるようにしましょう。
6. 5に甘酒とコーンを加え、ひと煮立ちさせたら塩胡椒で味を整えて完成です。

余った甘酒を有効活用!甘酒入り洋風レシピ2選

甘酒入り洋風レシピ 〜ハニーマスタードチキン編〜

続いてご紹介するのはハニーマスタードチキンのレシピ。甘酒にはたんぱく質を分解する「プロテアーゼ」と呼ばれる酵素が含まれていることから、パサパサとした食感の鶏胸肉も当レシピのように甘酒に漬け込むことでふっくらとジューシーな食感に仕上げることができます。

〜ハニーマスタードチキンの作り方〜
<材料>
・鶏胸肉 1枚
・甘酒 大さじ2
・塩胡椒 適量
・サラダ油 大さじ1

<ソースの材料>
・はちみつ 大さじ1
・マスタード、醤油 各小さじ2 
・レモン汁 小さじ1

<作り方>
1. ひと口大にカットした鶏胸肉と甘酒・塩胡椒をポリ袋に入れて外側からよく揉みます。空気を抜き、ポリ袋の口を縛ったら冷蔵庫で2時間ほど寝かせましょう。
2. ソースの材料をすべて混ぜ合わせておきます。
3. フライパンにサラダ油を熱し、1の鶏胸肉を両面こんがりと焼き色をつけます。
4. 弱火にし、蓋をして火が通るまで3〜4分ほど加熱しましょう。
5. フライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、2のソースを加えます。
6. フツフツと煮立たせながら絡め合わせ、器に盛り付けて完成です。

飲む点滴!と呼ばれているほど優れた栄養価の発酵飲料、甘酒。肌の健康維持に欠かせないビタミン・ミネラルから必須アミノ酸まで様々な成分が含まれていますので、美容のためにもお正月に限らず、是非日常的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

余った甘酒を有効活用!甘酒入り洋風レシピ2選

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・くるみ
文・くるみ
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

ピックアップ

ビタミン豊富! 秋の味覚「栗」に秘められた美容効果!
栄養満点! 秋バテ対策にもおすすめのレシピ「海老ニラ饅頭」の作り方
美容にストレスは大敵! イライラ軽減にセロリが効果的!
のどごしトロッ! 美肌にも嬉しい「麻婆なめこ豆腐」の作り方