メディア個別 乾燥が気になる冬こそスキンケアの見直しを!冬のスキンケアの基本とは | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

乾燥が気になる冬こそスキンケアの見直しを!冬のスキンケアの基本とは

第693回 OZmall(オズモール)
冬本番を迎え、寒さも本格的になってきたこの季節。空気も乾燥し、肌のトラブルを感じる人も増えるシーズンに。それなのに、1年中同じお手入れを続けている人も多いはず。肌に厳しい冬だからこそ、いつものお手入れを見直して、肌トラブルを避けたい! 冬のスキンケアの基本を、白く輝く美肌の持ち主であり、美容家の深澤さんに伺いました。

乾燥はすべてのトラブルの元。保湿をしっかり、古い汚れを肌に残さないことも大切





「冬は空気の乾燥や湿度の低下、さらには暖房などによって、肌もとても乾燥しやすくなります」と深澤さん。肌が乾燥するとゴワついたりファンデーションのノリも悪くなるだけでなく、代謝も悪くなりがち。代謝が悪くなった結果、古い角質が肌表面に残って角質が厚くなり、くすみやザラつきも起こってくることも多いそう。また、乾燥すると肌が固くなるのでシワもできやすくなり、一気に老け顔に近づいてしまうという恐れも。

「乾燥はすべてのトラブルの源といっても過言ではないので、冬は特にしっかり保湿を行うようにしてください。春夏よりも保湿成分の高いアイテムに変えたり、角質をケアできるアイテムを、スキンケアの中にひとつ取り入れることもおすすめです」(深澤さん)
また、汚れが残っていると角質が厚くなる原因にもなるので、メイクのクレンジングや洗顔もしっかり行うのも大切。何気なく1年中同じスキンケアを行っている人は、この機会に、スキンケアをもう一度見直してみては?



適当になりがちな洗顔を見直そう。しっかり泡立ててぬるま湯でオフ!





どうせ洗い流してしまうんだし…と洗顔アイテムにはあまりこだわらない、という人も多いはず。
「落とすケアはみなさん適当になりがちですが、ていねいに洗ったり、使うモノや方法を変えることで、肌はグッときれいになります」と深澤さん。「特にお風呂のついでにシャワーで熱いお湯で流したり、逆に冷たい水で洗ってしまう人が多いのですが、肌を傷める原因になるので必ずぬるま湯で流すようにしましょう。そして、肌と手の間の摩擦を減らしクッションの役割をしてくれるように、しっかり泡立ててから洗ってください」(深澤さん)

しっかり泡立てたら、まずTゾーン→小鼻の周り→ほお全体→目の周りの順に。ただし、しつこく洗いすぎても肌を傷めるので、しっかり汚れを落としながらも40秒以内に終了したほうがいいとか。冬は乾燥するから朝は水で流すだけ、という人も多いが、夜の間にも皮脂など汚れは出るので、しっかり洗顔したいもの。保湿成分が入っているものを選んだり、最初から柔らかい泡状になっている洗顔料を使うなど工夫すれば、忙しい冬の朝にも、肌を労わることができそう。



クレンジングも美肌づくりの大事なポイント。肌を摩擦せずにていねいに落とそう





「もうひとつ、クレンジングもきれいな肌づくりには重要です。洗顔と同じく、シャワー中についでにお湯で落としてしまう人が多いのですが、クレンジングはていねいに行うことが重要なので、必ず洗面台で行うようにしましょう」と深澤さん。
また、クレンジングシートなどで乱暴でごしごし落とすのもNG。肌に摩擦を与えたりこすったりするのは想像以上に肌に負担をかけるので、肌になじむテクスチャーのものを選んで、ゆっくりていねいに行って。そして洗顔と同様にTゾーン→小鼻の周り→ほお全体→目の周りの順にクレンジング剤をよくなじませ、ぬるま湯でオフ。

また、既定の量より少したっぷりめに使うのも、おすすめだそう。
「洗った後肌がつっぱったり、数分後に乾燥を感じるものは、洗浄成分が強すぎるなど、肌に優しくない可能性が高いので避けましょう。洗顔やクレンジングは『楽、簡単』ということばかり考えてしまいがちですが、ていねいにしっかり汚れを落とすことは、美肌つくりのキーポイント。手をかけた分だけ、肌は必ずきれいになっていきますので、頑張ってくださいね」(深澤さん)



教えてくれた人



深澤亜希さん

美容家、ビューティスキンスぺシャリスト、日本コスメティック協会認定 スキンケアマイスター・コスメマイスター。白く輝く美白肌の持ち主で、その美しさは美容業界や有名クリニックの院長も絶賛するほど。書籍の執筆、女性誌やTV、トークイベントの出演、化粧品の開発アドバイザーなど幅広く活躍。著書に『白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美白ルール40』(三空出版)など多数。



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

あなたにおすすめ

ピックアップ