メディア個別 乾燥が気になる冬こそスキンケアの見直しを!冬のスキンケアの基本とは | OZmall(オズモール) | ママテナ
乾燥が気になる冬こそスキンケアの見直しを!冬のスキンケアの基本とは

乾燥が気になる冬こそスキンケアの見直しを!冬のスキンケアの基本とは

冬本番を迎え、寒さも本格的になってきたこの季節。空気も乾燥し、肌のトラブルを感じる人も増えるシーズンに。それなのに、1年中同じお手入れを続けている人も多いはず。肌に厳しい冬だからこそ、いつものお手入れを見直して、肌トラブルを避けたい! 冬のスキンケアの基本を、白く輝く美肌の持ち主であり、美容家の深澤さんに伺いました。

乾燥はすべてのトラブルの元。保湿をしっかり、古い汚れを肌に残さないことも大切





「冬は空気の乾燥や湿度の低下、さらには暖房などによって、肌もとても乾燥しやすくなります」と深澤さん。肌が乾燥するとゴワついたりファンデーションのノリも悪くなるだけでなく、代謝も悪くなりがち。代謝が悪くなった結果、古い角質が肌表面に残って角質が厚くなり、くすみやザラつきも起こってくることも多いそう。また、乾燥すると肌が固くなるのでシワもできやすくなり、一気に老け顔に近づいてしまうという恐れも。

「乾燥はすべてのトラブルの源といっても過言ではないので、冬は特にしっかり保湿を行うようにしてください。春夏よりも保湿成分の高いアイテムに変えたり、角質をケアできるアイテムを、スキンケアの中にひとつ取り入れることもおすすめです」(深澤さん)
また、汚れが残っていると角質が厚くなる原因にもなるので、メイクのクレンジングや洗顔もしっかり行うのも大切。何気なく1年中同じスキンケアを行っている人は、この機会に、スキンケアをもう一度見直してみては?



適当になりがちな洗顔を見直そう。しっかり泡立ててぬるま湯でオフ!





どうせ洗い流してしまうんだし…と洗顔アイテムにはあまりこだわらない、という人も多いはず。
「落とすケアはみなさん適当になりがちですが、ていねいに洗ったり、使うモノや方法を変えることで、肌はグッときれいになります」と深澤さん。「特にお風呂のついでにシャワーで熱いお湯で流したり、逆に冷たい水で洗ってしまう人が多いのですが、肌を傷める原因になるので必ずぬるま湯で流すようにしましょう。そして、肌と手の間の摩擦を減らしクッションの役割をしてくれるように、しっかり泡立ててから洗ってください」(深澤さん)

しっかり泡立てたら、まずTゾーン→小鼻の周り→ほお全体→目の周りの順に。ただし、しつこく洗いすぎても肌を傷めるので、しっかり汚れを落としながらも40秒以内に終了したほうがいいとか。冬は乾燥するから朝は水で流すだけ、という人も多いが、夜の間にも皮脂など汚れは出るので、しっかり洗顔したいもの。保湿成分が入っているものを選んだり、最初から柔らかい泡状になっている洗顔料を使うなど工夫すれば、忙しい冬の朝にも、肌を労わることができそう。



関連記事:

ピックアップ

【水族館】鴨川シーワールドで、海の王者シャチや愛嬌抜群のベルーガたちに会おう
ロスフラワーを使っておうちをかわいく飾ろう!中村さんの花のある日常を楽しむアイデア【サステナブルチャレンジ】
お笑いコンビ・ガンバレルーヤが体験!サステナブルなヘアサロン代官山「COME」で髪も地球も美しく【サステナブルチャレンジ】
【タイプ別おこもりステイ3選】キッチン付きや宿泊者専用ラウンジ、アート空間も。都内にある「最高のおこもり」がかなうホテル