メディア個別 【先輩ママおすすめ】妊娠中、臨月のウォーキングはぜひ図書館へ! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【先輩ママおすすめ】妊娠中、臨月のウォーキングはぜひ図書館へ! 

【先輩ママおすすめ】妊娠中、臨月のウォーキングはぜひ図書館へ!
~ベビーカレンダー~

こんにちは。ママライターの石川ゆりです。妊娠中の私が臨月を迎えたとき、時間はあるけれど、体も重くてなかなかアクティブには活動できませんでした。


こんにちは。ママライターの石川ゆりです。妊娠中の私が臨月を迎えたとき、時間はあるけれど、体も重くてなかなかアクティブには活動できませんでした。

 

その一方で、経過が順調な妊婦さんは、お産を進めるためにも歩くことをすすめられます。私が臨月のときに取り組んだ、ウォーキングを兼ねた図書館通いについてご紹介します。

 

臨月のお散歩は図書館へ

 

私が臨月を迎えたのは8月でした。歩かなければならないけれど、暑い屋外は避けたい……。加えて、歩くには目的地がほしかった私は図書館通いを始めました。

 

図書館までの道中だけでなく、館内も自分のペースで本を探しながらゆっくりウォーキングできます。本を借りたら、また返しに行くことになるので、継続的に歩くことに繋がりますよ。

 

気軽に読める育児書もたくさん!

 

昔は図書館にマンガなんてありませんでした。しかし、最近では、妊娠・育児に関するエッセイやマンガなどを蔵書として置いている図書館も多くなってきました。それらは気軽に産後の育児シミュレーションを兼ねて読むことができます。また、自分の時間がゆっくり取れるこの機会に、長編を読破するのもおすすめです。

 

私が本を借りて食卓に置いていると、夫が手に取って読んでいました。 マンガなら男性も気軽に読む気になるようです。よさそうな本を借りて帰り、夫婦で読むのもいいですね。

 

産前の時間を読書で楽しく

 

産前は仕事などで忙しくしていたけれど、臨月になると急に時間ができたという方も多いかと思います。産後は子育てに追われることになるので、この時期は束の間の休息時間ともいえます。

 

そんなときこそ、これまで時間がなくて読めなかった本などを読むのはいかがですか?私は読みかけになっていた『ハリーポッター』シリーズに手をつけ、無事に産前に読破することができました。

 

 

私は臨月に図書館へ通ったことがきっかけで、産後も図書館に通うようになりました。 子どもが小さいうちは映画などへ出かけられないので、原作の小説を読んで楽しみ、子ども向けの絵本読み聞かせイベントなどへも参加しています。ウォーキングは億劫だなと感じている妊婦さんは、ぜひ一度図書館へ!(TEXT:ママライター石川ゆり)

 

配信元

この記事へのご意見はこちら
PAGETOP