メディア個別 1人目も2人目も4,000g前後のビッグベビーだった!【体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
1人目も2人目も4,000g前後のビッグベビーだった!【体験談】

1人目も2人目も4,000g前後のビッグベビーだった!【体験談】

2回の出産を経験し、2人ともビッグベビーだったというママの体験談です。1人目が難産だった経験から出産に対して慎重に。そして2人目もビッグベビーの予感を感じてママが取った行動とは……?

私は現在、3歳になる長女と生後7カ月の次女がいる2児の母親ですが、子ども2人共に出生体重が4,000g前後というビッグベビーでした。ビッグベビーならではの妊娠中の体験談についてお話しします。

1人目の出産、長女のケース

正直に申し上げると、私自身が妊娠前から肥満体型で(身長157cm、体重63kg)、BMIでいえば、肥満と標準の境目ギリギリ……という体型。そのため、長女を妊娠したときは医師に「できる限り妊娠中は太らないように。妊娠中の体重増加は8kgまでが目標です」とはっきりと宣告されました。


しかし食べることが大好きな私は、なかなか食事管理ができず……。また、妊娠初期は食べづわりで、フライドポテトとパンしか受け付けないという偏食もあってか、体重はどんどん右肩上がりになっていきました。

3,900gで生まれた長女

妊娠中期には、すでに妊娠前から5kg増加しており、1カ月で2.5kg太ったことも。結局、妊娠期間中は11kg増となりました。そして、おなかの中にいた長女はといえば、妊娠中期ごろからぐんぐん推定体重が増えていき、妊娠後期に入るころには常に成長曲線が上限ギリギリ。


一番気がかりだったことは「頭囲が大きい」こと。医師にも「頭が大きいから自然分娩するには微妙なところだけれど、なんとか自然なお産で頑張りましょう」と励まされました。しかし、妊娠41週まで自然陣痛を待ってもまったく来ず、結局妊娠41週2日に計画入院し、陣痛促進剤やバルーンなどありとあらゆる方法を尽くして4日間という難産の末に長女を出産。出生体重は3,900gでした。

関連記事:

ピックアップ

やりがちだけどNG。保育士が実は困っている保護者の対応とは?
「静かすぎる…」突然消えた息子。ゆらりと揺れたカーテンをのぞくと…?
「もう頑張る理由が見つからない」ごみの上で涙を流す日々。ついに限界が…! #いいから黙って食え!6
「し、しゃべった!」奇行のあと無反応になった娘。医師が呼びかけると…!? #13